東京建物

昨日上昇していた東京建物を299円で空売りしました。
昨日は公募増資の価格決定日だったので、おそらく引けにかけて下がるだろうし、価格決定すれば翌日の寄り付きはさらに下がるだろうという読みでした。
そして、今日の寄り付きで買い戻す予定でした。

昨日は引けにかけて急落して286円で引けたのですが、引け後に信用取引で新規売りが禁止となりました。
公募銘柄が売り禁になってしまうと、公募に応募して配分後に信用取引の売りでつなぎ売りをしようと思っていた投資家は、はしごをはずされた形になります。
この場合、受渡日である12月8日までヘッジなしで買いポジションを取ることになってしまうからです。
このパターンでは、配分後受渡日までの間に売りを入れることができないので、受渡日の寄り付きが安くなる可能性が高そうです。

そこで、本日寄り付きで買い戻す予定を変更して、寄り付きで売りと同じだけの信用の買いポジションを建てて両建てにすることにしました。

今後の予定としては、
12月7日の大引けに買いポジションを解消
12月8日の寄り付きで売りポジションを解消
という計画です。

12月7日の大引けと比較して12月8日の寄り付きが下がればそれだけ利益になります。

もっとも、今回のように価格決定日の初日に売りポジションを持ち越すことは、その日に価格が決まらない場合、踏み上げられる可能性があるようなので今後は売り持ち越しは安易にしないよう気をつけたいと思います。

現在のポジション
東京建物買い5000株
東京建物売り5000株

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)