日立のCBは割安か

野村證券で1000万円申し込んで配分がなかった日立のCBですが、どうやらそれほど割安というわけではないようです。

以下、長期運用を真剣に考えている方へから引用

「日立の8回債CBの条件-クーポン0.1%、転換価格317円、期間5年債、130%ソフトコール付、募集価格100円―が決まった。転換価格の水準は12月7日引け値238円を基準に33.19%高い水準に設定された。

CBを分析する上で、まず、CBを債券価値とコールオプション価値に分けて市場価値を計算する。債券価値は残存期間4.77年の38回債の国債との金利差(T-S)63bpを基準に計算すると95.00円と算出された。このことからコールオプション価値は5円と算出される。

この5円を満たすオプションのボラティリティー(IV)は20.9%となる。ここまでは一般的なCB評価となるが、このCBには130%のソフトコールが付いている。」

以下筆者加筆
「ソフトコール条項ですが、ソフトコールを行使できるのが2013年1月4日から償還2014年12月12日までです。手前3年はコールをかけることができません。そういう意味ではほとんど普通のCBと同じプライシングでよさそうです。」

さすが、プロの意見は違いますね。
CBの価格が高いか安いかきちんと、理論的に説明してくれるブログというのは、上記ブログ以外にはなかなか見当たりません。
上記ブログは今年の3月ころにシャープのCBが4%とかすごい利回りになっていたのでCB投資を検討していてたどり着いたものです。
私にとっては、CBについての記事が非常に参考になります。

現在のポジション
なし

筆者の加筆がありましたので12月17日に加筆修正しました。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する