イブニングセッション取引時間延長

大証のIR資料によると、来年春頃から、イブニングセッションの取引時間が午後8時までから午後11時半までに延長される予定のようです。

これが実現すると、円建ての日経225先物は、午後8時から午後11時半までの間大証のイブニングセッションとシカゴマーカンタイル取引所と両方で取引できることになりそうです。

この取引時間の延長は、競合するCFD取引の手数料押し下げ圧力になると思われるので、CFD取引の手数料値下げも期待できるかもしれません。

三菱UFJは野村證券に2万株申し込んで8000株の配分を頂きました。今回はヘッジなしです。

現在のポジション
三菱UFJ(公募)買い8000株

Comments

  1. petitbootang says:

    恐らく、大証とCMEではかなりの価格差がありそうなので、ちょっとしたアービトラージが出来そうでしょうか?
    現状でも夜間のSGXとCMEでは50円くらいは平気で開いているので。

  2. petitbootangさんおはようございます。
    可能性はあると思います。
    現状では、CFDの手数料が高く、10円の差ではほとんど利益がでませんが、もう少し手数料が下がれば、機会は結構あるかもしれません。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)