銀行の新資本規制を延期

「日米欧の金融監督当局で構成するバーゼル銀行監督委員会は、大手銀行を対象とする新自己資本規制の導入を実質的に延期することで大筋合意した。2012年から段階的に導入する原則は崩さず、10年以上の移行期間を設けて、20年代前半以降に完全実施する方向で調整する。金融危機後の世界経済に不安が残るため、貸し渋りなどのリスクを避けるべきだと判断した。一部の邦銀が迫られていた普通株増資の緊急度が薄れる可能性もある。 」
以上日経ネットから引用

このニュースを見てなかったので今朝の銀行株の気配には驚きました。
8時50分ころの気配値が、みずほストップ高、三菱UFJが490円台の買いとなっていました。
そして、前場が開いてからも延々買い気配となりました。
これまで銀行株は、新資本規制を嫌気して相場全体が上昇する中安値を更新してきたので、このニュースは銀行株のトレンドを変える可能性のある材料といえると思います。
個人的には、来春にみずほを100円台前半で公募で買って長期保有と目論んでいたのですが、難しくなりそうです。

それにしても、今回に限って公募のヘッジをしていなかったのは運がよかったです。
しかっりつないで、36万円の利益(手数料控除前)を確定できました。

現在のポジション
三菱UFJ(公募)買い8000株 @428円
三菱UFJ(ヘッジ)売り8000株@473円
ソニー(6758)買い1000株

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)