オランダの金融大手INGの株主割当増資のケース

ライツ・イシューを発表した場合の株価推移について海外の事例を調べてみました。

「オランダの金融大手ING(ING.AS: 株価, 企業情報, レポート)は27日、75億ユーロ(112億ドル)の株主割当増資について、株主の需要を集めるため、大幅なディスカウントとなる価格で実施すると発表した。
発行価格は1株当たり4.24ユーロで、40%近い大幅なディスカウント発行となる。発行株式数は17億6800万株で、既存株式7株に対し6株の新株を発行する計算。
26日終値に比べたディスカウント幅は52.4%、新規発行株式による希薄化効果を加味した理論価格からのディスカウント幅は37.3%となる。」

以上、ロイターから引用

新株予約権の内容
行使価格  4.24ユーロ
既存株式7株に対し6株の新株を発行
ディスカウント 52.4%

株価の推移
縦線が発表前の終値

コメント
発表時から勢いよく株が下落していますが、その後は大きくリバウンドしています。

ing

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)