タカラレーベンの権利入札結果

タカラレーベンの新株予約権の権利処理価格は108円47銭でした。

前場は、381円で寄り付いた後、前場に一時450円まで大幅に上昇した影響で、予想外に高い権利処理価格となりました。
これは、権利入札は、前場引け後に行われるため、前場の値動きを反映した価格になっていることが理由です。

先日の予想のうち制度信用で買いポジションを持ち越して権利落ち日の寄り付きで買いポジションを手仕舞いした場合には損失が生じる可能性が高いとの予想ははずれました。

権利付最終日に制度信用で買いポジションを持ち越して権利落ち日の寄り付きで買いポジションを手仕舞いした場合の収支ですが、

建値 479円
売却価格 381円
権利処理価格 108円47銭
配当調整金 1円86銭
なので、利益は、
381+108.47+1.86-479=12.33円

信用の買い越しは1株あたり12円33銭の利益になった計算になります。
ただし、何度も言いますが、この権利処理価格は前場寄り付き後に60円以上暴騰したことを反映しています。この暴騰がなければ収支はマイナスの可能性が高いです。

権利処理価格は、基準価格(前場終値-300円)よりも20%以上安い価格になっていますので、今後も一般論としては制度信用での買い持ち越しで権利処理されることは避けた方がいいという印象を受けました。

なお、ディスカウント価格で権利入札への参加も考えていましたが、株価が前場に暴騰し、妙味がなくなったので、参加はしませんでした。

現在のポジション
アサックス(8772)買い20株
エス・エム・エス(2175)買い10株
先物ミニ@11060円 売り3枚

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)