ユナイテッド・アーバン投資法人の理論価格

「日本コマーシャル投資法人とユナイテッド・アーバン投資法人は22日、合併について基本合意したと発表した。合併は今年12月の予定。

日本コマーシャル投資法人は設立母体であるパシフィックホールディングスが09年3月に会社更生法を申請したことから、新スポンサーの獲得などを検討していた。

日本コマーシャルとユナイテッド・アーバンは、合併によってJ─REIT市場トップクラスの資産規模となる見込みであり、規模拡大によるポートフォリオの質の向上などをねらう。

ユナイテッド・アーバンは日本コマーシャルの投資主に端数の投資口を発生させないために投資口1口を6口に分割する予定。分割後に1対1で割り当て交付する。」

以上ロイターから引用

ということで、本日は、合併比率を考えながら、日本コマーシャル投資法人が103000円で寄り付いた直後に、割安なユナイテッド・アーバン投資法人を605000円で5株購入し、614000円で利食いました。

それでは、今日の引値からユナイテッド・アーバンの理論価格を計算してみましょう。

日本コマーシャル投資法人 106000円
11月末までの 予想配当金 4170円

ユナイテッド・アーバン投資法人 618000円
11月末までの 予想配当金 32900円

したがって、ユナイテッド・アーバン投資法人の理論価格は、

(106000円-4170円)×6+32900円=643880円となり、

時価の618000円は理論価格から4%ディスカウントされた価格ということになります。

1 合併比率が日本コマーシャルにかなり不利な内容であり、合併が承認されないリスクがあること
2 合併までの時間が長いこと
3 日本コマーシャルを空売りできないので裁定取引ができない

ことを考慮すると、4%のディスカウントは格別に安いとまでは言えないと思われますが、本日の寄り付きよりとほぼ同じ乖率であり、ここから乖離が開くことがあればユナイテッド・アーバンの買いデイトレードのチャンスがありそうです。

現在のポジション
なし

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)