エフオーアイ寄り値は13円

エフオーアイの粉飾が発表される前の5月11日の終値が775円、全ての成行売りが約定して寄り付いたのが本日の13円。
私もこれまで逃げ場が全くないような下げは何度も見た来ましたし、実際に体験したこともありますが、破産や民事再生以外で98%以上も下げるまで寄り付かないというのはめずらしいのではないでしょうか。

よく、「卵は一つのカゴに盛るな」といいますが、全財産を投入しなくても、数分の1であっても、こういう銘柄に捕まると十分に壊滅的なダメージになりえます。

今回は、幸い捕まらないですみましたが、今後新興銘柄への資金の投入の方法については、どの程度までの資金投入が適切なのかよく考えてみたいと思います。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)