私の現在の相場の見方

世界のどこかで何らかの危機が起きている時期は、世界中の株式市場や為替や商品価格などの連動性が強くなってくるので、日本市場独自の動きというのはほとんどなく、日経平均や個別銘柄のチャートだけで判断して売買すると、うまくいかないこととも多いです。

こういう時期は日経平均や個別銘柄のチャートを一生懸命に検証するよりも、ダウと為替のチャートをじっくり見ていた方が正確な売買の判断ができます。
日経平均の動きについては、ダウ先物と為替(ドル円、ユーロ円)でほとんど説明がつくからです。

ニューヨークダウ先物ですが、安値9757ドルから10277ドルまで520ドルリバウンドした後は早くもリバウンド終了モードになってきています。
現在は10000ドルの攻防となっていますが、こうなるともう1段の下げがあるとみておいた方がいいのではないかと思います。

しかも4月末以降の短期下落波動は1回で1000ドル以上の下げとなっているので、今回の波動でもリバウンド高値である10277ドルを起点として、1000ドル級の下げを覚悟した方がいいと思います。

ドル円のチャートも同じように下げ3段目がスタートしたような形になっていて、やはり短期波動でリバウンド高値から4円程度の円高は覚悟した方がいいかと思います。

日経平均ですが、もしもう1段の下げがあるとすれば、やはり1000円級の下げで、8800円~9000円くらいまでの下げを覚悟した方がいいと思います。
仮に、そのあたりまで下落することがあれば、リバウンド狙いでまとまったお金を入れようと考えています。

現在のポジション
日立ハイテクノロジーズ(8036)買い1000株
日立(6501)売り5000株

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)