キャンペーンで欲をかくとろくなことがない

クリック証券のキャンペーンですが、先週1000万円入金し、5回の取引を完了しました。
これで2ヶ月後に無事25万円が入ればとてもおいしいです。
クリック証券の場合、スプレッドが0.8銭ととても小さいので、5回の取引というキャンペーンの要件を満たすだけであれば、1万ドルの買いか売りを建ててすぐに反対売買を行えば、1回で80円のコスト、5回で400円で済むはずです。
しかし、人間は欲深いもので、口座の資金が一時的とはいえ、マイナスになるのはあまりいい気がしません。そこで、せめて収益をプラスにはしておこうと欲を出して、モニターと30分ほどにらめっっこしてしまいました。
合計5万ドルの小さいポジションを建ててモニターとにらめっっこした結果、4銭抜かれてマイナス2000円となりました。
25万円入るのですから、2000円マイナスになってもどうでもいいのですが、それなら最初から800円マイナスを甘受しておけばよかったのです。
キャンペーンの要件を満たすための取引では変な欲を出さない方がいいなと思いました。

ちなみにこの話には続編があって、クリック証券は口座開設から30日以内に、50万通貨単位の取引をすると5000円のキャッシュバック、100万通貨単位の取引をすると1万円のキャッシュバックのキャンペーンを行っています。

冷静に考えると、50万通貨単位をドル円で行うと、スプレッドが4000円かかるので、5000円もらってもたいしておいしいキャンペーンとは思えません。
しかし、どうせなら50万円通貨単位まで取引して、5000円もらっておけば、2000円の損失も取り戻せる?と考えて、あと45万円通貨単位取引しましたが、慣れないFXでなんとか収益をプラスにしようとトレードをすればするほど、どつぼに嵌ってマイナスが増えてしまいました。

キャンペーンで欲を出すとろくなことがないので、割り切りが必要だと思いました。
もっとも、キャンペーンがきっかけで取引に嵌っていく人も多いからキャンペーンが成り立つのでしょうね。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)