メガバンクの値動きに翻弄される

本日の前場に、みずほ、三井住友あたりが反発して日足チャートが目先反発を示唆するような形になっていたので、三井住友を6000株、みずほ2万株を購入しましたが、三井住友は前場10時半ころの急落で損切りの逆指値が約定してしまい、みずほは同値撤退しました。
後場は、一転して急騰するなど激しい値動きに翻弄されました。
久々にそこそこの大きさのロットで買いに行ったのですが、ロットが大きいと、損害を小さく食い止めるには、損切りの逆指値を時価の近くに入れざるを得ないので、日中のノイズで約定してしまう可能性は高くなってしまいます。
後から冷静にチャートを見ると、ここ数週間の三井住友のように、平均して日中に50ティックくらい変動する銘柄に、時価から15ティック下に逆指値を入れたのは、時価に近すぎて失敗だったなと思います。
現在のポジション
イリソ電子工業(6908)買い2000株
ムサシ(7521)買い1000株
岡野バルブ製造(6492)買い2000株
三井住友の日中足
8316

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)