NYダウと日経平均のスプレッド

ここ数日、NYダウと日経平均のスプレッドがリーマンショック後最大になってきています。
今日の前場段階でNYダウが11150ドルに対して、日経平均が9400円なので、スプレッドは1750となっています。
このところ、スプレッドの推移は、ドル円の相場に連動しているので、ここからさらに円高になれば、どんどんスプレッドは拡大するでしょうし、ドル円が反発してくるとスプレッドは縮小することになると思われます。
これを、違う言葉で表現すると、日経平均はダウに対して出遅れているように見えますが、ドルベースの日経平均は、ダウとほとんど連動しており年初来高値圏にあるので、ダウに対して安いとは言い切れないところです。
このあたりでドル円が少し反発し、スプレッドが縮小することを想定したポジションを取ってみました。
ただ、手数料や手間を考えると、単純にドル円を買った方がいいような気もします。。。
現在のポジション
イリソ電子工業(6908)買い2000株
岡野バルブ製造(6492)買い3000株
NYダウ@11150   売り×500
日経225ミニ@9405 買い4枚

Comments

  1. 裁定マン says:

    avexさんこんばんはお久しぶりです。厳しい相場来てますね。特に日本の投資家には・・
    私もさすがにFOMCの到来を控え、ずっと持ってた日経売りポジ、ダウ買いポジ、金買いポジのペアトレードを解消してたのですが、失敗だったかと思っています。
    乖離が縮小するかと思ったのですが、この数日の動きをみるとそういう感じでもないですね。
    強いもの(ダウ)はとことん強く、弱いもの(日経、トピ)はとことん弱いパターンなんでしょうか。
    思えばインドのセンセックス指数も、サブプライム期には日経とほぼ同数字でしたが、今や約20000で、日経の倍以上になってしまいました。
    今後も、日本では民主党が有効な経済対策打てずにデフレ継続で、アメリカは金融緩和でお金じゃぶじゃぶ状態継続、ではダウとの乖離差もますます拡大する、なんてことに
    なってしまうかもしれないですね。

  2. 裁定マンさん、久しぶりです。
    日経とダウのスプレッドは2000ポイントを超えてきていますね。
    おっしゃるようにアメリカはお金がじゃぶじゃぶで株式の価値が上昇しているというよりも、ドルの価値が低下したことでドルで値段がついているものの価格は上昇しているだけと考えれば、この格差は簡単には縮小しないかもしれませんね。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)