大量保有報告書提出?

昨日、10万円で上限なしのTOBが発表されたアイレップ(2132)の板状況を午後3時ころ確認したところ、ストップ高の92000円で買いが約3万株、売り約60株、つまり買いが売りの約500倍で、買いが思ったよりも低倍率でした。
そこで余力一杯の1390株の成行の買い注文を出したところ、30分後にカブドットコム証券から電話があり、
「お客様のアイレップのご注文ですが、仮にすべて約定すると発行済株式27320株の5%(1366株)を超えますので、大量保有報告書を提出して頂く必要があるお取引ですが、その点はご理解されていますか。」
と言われたので
「どうせ、約定しても1株か2株なんだからいいでしょ。」
とは言わずに、
「はい、よくわかってます。」
と答えて電話を切りました。
そんな電話を掛けてくるので少しは約定するのかと思っていましたが、実際には、1株も約定していませんでした。なんだがっかりです。
現在のポジション
岡野バルブ製造(6492)買い3000株
ムサシ(7521)買い1000株
NYダウ@11150   売り×500
日経225ミニ@9405 買い4枚

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. ストップ高比例配分は注文時間優先の証券会社(確か8時までの注文は同じ時間として扱うとか細かいことも規定があったような・・・)と純粋に注文株数割合で配分する証券会社などがあるようですよ。

  2. 配分方法は証券会社によって違うのですね。
    情報ありがとうございます。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)