ロングコンドル

昨日のポジション
10000円プット@70円 1枚買い
9750円プット@35円 2枚売り
9500円プット@15円 1枚買い
だったところに以下を追加しました。
10250円プット    1枚買い
10000円プット    2枚売り
9750円プット     1枚買い
これにより、合計すると、
10250円プット    1枚買い
10000円プット    1枚売り
9750円プット     1枚売り
9500円プット     1枚買い
というポジションにしました。
ちょうど、ロングバタフライを2つくっつけたポジションなので、利益が出るゾーンが広くなっていますが、その分最大損失が増えてしまっており、最大損失が60000円で、最大利益が19万円となっています。
この損益図は、「ロングコンドル」と呼ばれるオプション投資戦略と同じ形になりました。
ロングコンドルで上記ポジションと同じ形にするには、
10250円コール 1枚買い
10000円コール 1枚売り
9750円プット 1枚売り
9500円プット 1枚買い
となります。
この戦略は、主に特定の価格帯に相場が収まる、あるいは値動きが少ないといった相場環境から収益を得ることを目的として利用される戦略になります。
このポジションを構築してみて感じたデメリットは、4種類ものオプションを売買するので、スリッページのコストが大きくかかるという点です。
特に、呼値が5円開いている、プレミアム価格20円から50円あたりは、スリッページが10%超えるのできついです。
損益図を比較すると、最大損失が15000円で最大利益が23万5000円となるロングバタフライの方が好みです。
20101217

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)