PERが割安な株は買いか

現在PERが割安な株がたくさんありますが、こうした株は買い時でしょうか、
結論としては、その企業の業績動向次第だと思います。
個人投資家大きな損失を出すパターンというのはいくつかありますが、業績が良くて、PERの低くて割安なのに、どうしてこの株は下げるの?と疑問に感じる株を買い下がるというのも、大損パターンの1つです。
私も売買の際にPERの数字は見ますが、PERを過信するとよくこういうことがよく起きます。
PERが低くなっても下げ続ける株は、株価の上昇によって割安から通常の水準に是正されるという期待に反して、業績予想の下方修正等によって、業績予想やPERが是正されること(業績が株価の後からついてくること)が多いです。
こうした大損パターンを避けるためには、企業の収益動向とPERの推移について、理解しておくことが求められます。
簡単にいって、企業の収益が改善傾向、拡大傾向にある際には、PERは高めの評価となり、株価は上昇期になりやすいですが、企業の収益の伸びが止まった場合や、減少傾向にある際には、PERは低めの評価となり株価は下落期となりやすいです。
こうした傾向は半導体などの市況関連株などで顕著です。
したがって、収益悪化傾向にある低PERの株の株価が下がってさらに低PERになった際に、低PERを理由に買ったりすることはあまり好ましくない投資行動だと言えます。
今の相場で例を挙げると、フェローテック(6890)は、6月高値2246円から本日まで3か月強で908円まで下げています。
会社予想の今期1株利益172円ですので、実際に、この利益を確保できれば超割安ということになりますが、実際には、今期予想が未達となるか、来期以降に大幅減益になる可能性が高いことを株価は示唆していると考えるべきでしょう。
テクニカルのリバウンド狙いをするにはいいタイミングかもしれませんが、「1株利益172円」を根拠に買う株ではないと私は思います。
業績悪化懸念がある場合は、低PERで割安という理由では買わない方がいいと思います。

9月末優待取り

カブドットコム証券の一般信用取引で以下の優待を取りました。
優待取りの前日までに信用取引手数料無料の条件(信用新規6000万円以上又は信用残高6000万円以上)を満たしてから取るとトータルの手数料が安く済みます。
一般信用取引による優待取りが人気化しているのか、売りができない銘柄や残数がない銘柄が結構多かった印象です。
東武(9001)
東急(9005)
京成(9009)
三越伊勢丹(3099)

嫌な下げ

日経平均は、直近の安値を更新しています。
しかし、現在の下げは、株価の急落によって投売りが出る(恐怖感を感じる)ような下げとなっていません。
目先的には自律反発のリバウンドがあるかもしれませんが、含み損を抱えた投資家がたくさんいる中でのリバウンドでは戻り売りが予想されます。
投売りが出る(恐怖感を感じる)ような下げにならないと逆張りで買いにいく気はないので、様子見を継続しています。
今月は、後4営業日ですが、1000万円ほど保有している現物株で200万円ほど損失が出ていますので、今月の大幅マイナスは避けられそうにありません。

「動かない」という戦略

今月はオプションを少しやっている程度でほとんど動いていません。
その理由は、今は動くべきタイミングではないと考えているからです。
下値を少しづつ切り下げる形で下げトレンド継続中であり、個人的には中途半端な値ごろ感から買うとやられる可能性が高いと思っています。
儲かりそうもない時には「動かない」というのも立派な戦略の1つであり、この戦略が取れるのは個人投資家の特権でもあります。
現在のポジション(200万円枠)
日経平均Op 10プット8250@200円 買い3枚
日経平均Op 10プット8000@140円 買い2枚
日経平均Op 10プット7750@145円 買い2枚
日経平均Op 10プット7500@115円 売り10枚
日経平均Op 10プット7250@95円 買い2枚
日経平均Op 10プット7000@50円 売り1枚
日経平均Op 10プット6750@65円 買い2枚
日経平均Op 10プット6500@27円 売り5枚
売却益 3.5万円
現在の確定損益 +513万5100円
(計算の都合上、金利、手数料は考慮していません。)

カブドットコム証券が先物・オプション取引のルールを変更

本日、カブドットコム証券のサイトに以下のお知らせが記載されていました。
以下カブドットコム証券のサイトから引用
先物・オプション取引の必要証拠金額の算出に係る「掛け目」については「100%」としておりましたが、今後は取引所の規制や指数の変動状況などを考慮のうえ、原則100%~200%の範囲内で当社独自の判断により変更させていただく場合がございます。
必要証拠金額算式=SPAN®証拠金×「掛け目」-ネットオプション価値の総額
引用終わり。
指数が激しく変動した場合には、会社独自の判断で、最大で必要証拠金が倍増する可能性があるということのようです。
さりげなく書いてありますが、これってとても恐ろしいことです。
ただでさえ、相場変動が激しい時は、証拠金不足が起こりやすいのに、明日から200%適用とか言われたら、すぐに資金を用意できる人ばかりではないと思います。
カブドットコム証券で先物・オプションの売買をされている方は要注意ですね。
最近のカブドットコム証券の対応を見ていると、3.11の際に取立不能が生じたため、顧客に先物・オプションはやらせたくないのかなと思ってしまいます。
(オプションの枚数上限を上げてとお願いの電話をした時も、オプションは儲からないのでもうやりたくないと言っていました。)

本日の売買9/12

先週金曜日に8000円のプットを1枚買い、今朝7000円プットを2枚売りました。
相場についてはこの先でひやっとする場面があるのではないかと考えていますので下に行った場合利益となるポジションを積んでいます。
日経平均Op 10プット8000@100円 買い1枚
日経平均Op 10プット7000@50円 売り2枚
現在のポジション(200万円枠)
日経平均Op 10プット8250@200円 買い3枚
日経平均Op 10プット8000@140円 買い2枚
日経平均Op 10プット7750@145円 買い2枚
日経平均Op 10プット7500@115円 売り10枚
日経平均Op 10プット7250@95円 買い2枚
日経平均Op 10プット7000@50円 売り1枚
日経平均Op 10プット6750@65円 買い2枚
日経平均Op 10プット6500@27円 売り5枚
売却益 3.5万円
現在の確定損益 +513万5100円
(計算の都合上、金利、手数料は考慮していません。)
損益図
20110912

本日の売買9/8

昨日から、今朝の寄り付きまでで以下の売買をしました。
下の損益分岐点は6092円で、そこから下のリスクはヘッジしない形になっています。
日経平均Op 10プット6500@27円 売り5枚
日経平均Op 10プット8250@130円 買い1枚
現在のポジション(200万円枠)
日経平均Op 10プット8250@200円 買い3枚
日経平均Op 10プット8000@180円 買い1枚
日経平均Op 10プット7750@145円 買い2枚
日経平均Op 10プット7500@115円 売り10枚
日経平均Op 10プット7250@95円 買い2枚
日経平均Op 10プット7000@75円 買い1枚
日経平均Op 10プット6750@65円 買い2枚
日経平均Op 10プット6500@27円 売り5枚
売却益 6万円
現在の確定損益 +513万5100円
(計算の都合上、金利、手数料は考慮していません。)
損益図
20110908

安値更新

日経平均は直近安値を更新してしまいました。
ここから下は価格帯別出来高が少なく、節目らしい節目も少ないですが、一応、3月15日安値8227円、心理的節目8000円、7605円あたりが下値目途になります。
これから先、これらの節目に向かって恐怖感を感じる下げがあれば逆張り買いを検討しますが、このまま中途半端な水準からリバウンドするようであれば、手を出さないつもりです。
7月22日高値 10149円→8月9日安値 8656円(値幅1493円)
9月1日高値   9098円→ ???
(直近高値の9098円に前回の下げ幅1493円を単純に当てはめると7605円になるが。。。) 
現在のポジション(200万円枠)
日経平均Op 10プット8250@235円 買い2枚
日経平均Op 10プット8000@180円 買い1枚
日経平均Op 10プット7750@145円 買い2枚
日経平均Op 10プット7500@115円 売り10枚
日経平均Op 10プット7250@95円 買い2枚
日経平均Op 10プット7000@75円 買い1枚
日経平均Op 10プット6750@65円 買い2枚
売却益 6万円
現在の確定損益 +513万5100円
(計算の都合上、金利、手数料は考慮していません。)

本日の売買9/5

泉州電業(9824)は先週末に3Q決算を発表しました。業績はよかったのですが、上方修正がなかったので、寄り付きで損切りしました。16000円の損失。
現在の確定損益 +513万5100円
(計算の都合上、金利、手数料は考慮していません。)

8月の成績

8月の成績を集計しました。
資産推移 
2011年
1月 +26万8879円
2月 +113万7479円
3月 +678万1318円
4月 +94万5121円
5月 +122万7471円
6月 +309万7150円
7月 +42万3986円
8月 +48万3863円
合計 +1437万1819円
今年の目標:+1500万円
コメント:8月は急落相場で守りを固める月となりました。
9月も引き続き急落を警戒し守りを固めておきたいと思います。