現金交付型の株式交換があまり使われない理由

TOBやMBOにおけるスクィーズ・アウト(注1)によって、上場廃止となる上場企業はたくさんありますが、ほとんどは、全部取得条項付種類株式による完全子会社化(注2)であり、現金交付型の株式交換は上場会社ではあまり見かけません(昨年と今年でそれぞれ1件のみ)。
現金交付型の株式交換の方があまり使われない理由は何かと思って調べてみましたが、これもやはり税金の問題のようです。
スクィーズ・アウトのために現金交付型の株式交換を行うと税務上非適格株式交換に該当し、株式交換完全子法人が時価評価の対象となり、含み益が課税対象となるため、それを回避するための便法として、全部取得条項付種類株式によるスキームが主流となっているとのことです。
組織再編を行う場合、税金の問題は避けて通れないようです。
投資家も、組織再編がらみで儲けようとするのであれば、税金の問題は避けて通れません。
(注1)
スクイーズ・アウトとは、閉め出すという意味で、支配株主が少数株主を閉めだすことをいいます
(注2)
定款変更で普通株式を全部取得条項付種類株式に変更し、株主から株式を全部取得する代わりに別の普通株式を交付するが、その際に交付比率を調整して、少数株主には端数株式しか渡らないようにして端数株式の現金買取りを行う方法

「8年間で30万円を2800万円に増やした 3つの実例を期間限定で公開中!」

slide1 わずか数日から数週間で数十万~数百万を稼ぐことができるイベント投資法。夕凪氏の考え方、具体的な事例を動画で公開しています。

【11月9日(木) 18:00 第1回動画公開スタート】
「30万円を2800万円まで増やした事例を公開」
1回目の映像ではイベント投資という投資手法を実践して、30万円の資金を 2800万円にまで増やした夕凪氏がどのようにして、成功をしたのか秘訣をお伝 えいたします。また、夕凪氏がメインで使っているイベント投資法の中から1つ の投資手法を具体的に事例を公開してご紹介します。

【11月12日(月) 18:00 第2回動画公開スタート】
「たった1日で30万円稼いでしまった投資法」
2回目の映像では前回の映像でご紹介したイベント投資法の中から夕凪氏が メインで使っている2つ目の投資法をお伝えいたします。この投資法は「●●● ●」というイベントに注目し、●●●●による株価の変化を利益のポイントにし ています。映像では●●●●の構造から利益をあげるためのノウハウ、そして、 夕凪氏の実例を公開してご紹介します。

【11月15日(木) 18:00 第3回動画公開スタート】
「10営業日で150万もの利益を叩きだしたイベント」
3回目の映像では夕凪氏がメインで使っているイベント投資法の中から3つ目の 投資法をお伝えいたします。この投資法は日経平均やTOPIXという株価指数の イベント「●●●●●●●●」に注目し、イベントが発生したタイミングを 収益機会にしていきます。 動画では夕凪氏が10営業日で150万もの利益を叩き出した実例を公開します。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のフォームから登録して今すぐご覧ください。

今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)