人民元建て中国国債

マネックス証券からメールで、日本国内では、初めてとなる一般個人投資家を対象とした人民元建て中国国債の販売を開始するとのお知らせメールがきました。
人民元に直接投資できて、金利も受け取ることができるのであれば、おいしい商品かもしれないと思い、ちょっと調べてみました。
利率 年1.00%
申込単位 額面500,000人民元単位
単価 既発債であり約定価格は時価
為替手数料 片道20銭
償還日 2013年12月1日
申込期間 2011年1月20日~1月24日午前9時まで
この商品は1単位あたり往復で、20銭×50万×2=20万円の為替手数料を払うことになります。
それに対して償還費までの利息は、概算で50万元×1%×2年=1万元なので、現在のレート12.6円で計算すると、税金の説明がないので税率が分かりませんが、仮に20%だとすると、手取りは10万円ほどです。
現在の人民元のレートは1元12.6円が償還時までそのままだとすると、為替手数料から利息を引いて10万円ほど損をする計算になります。
仮に、償還時に1元が13.6円となっていれば、為替で50万円ほど利益がでるので、40万円ほどの利益が出る計算になります。
つまり、この商品は、50万元の買いポジションを約2年間取る手数料として約10万円支払う商品ということのようです。
ここでFXと比較してみます。
SBIのFXで中国元を買うと、スワップポイントが、10万元あたりマイナス150円となっています。
仮に、50万元の買いポジションを2年間保有すると54万7500円の支払いが必要になります。
50万元の買いポジションを約2年間取る手数料として約10万円というのは、マイナススワップを払ってFXで買いポジションを取るよりは割安という見方もできるかもしれません。
現在のポジション
なし

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)