オプション売りの恐怖

オプション売りの恐怖
今週、トレードに関する記事を書いていないのは、今週前半トレード休むことを予定していたからだけではありません。
実は、オプションの売りで恐怖体験を味わっていました。
3月11日の夕場、まだ今回の地震の被害の詳細が報道される前の時点で、日経225先物が急落していることを知って、ガンマ売りのポジションを建てました。
8850円以上は利益になるが、8850円を割れると100円毎に40万円の損失が発生するポジションでした。
週明け14日の市場で日経平均は633円安。これですぐに含み損状態になります。
ここで私は、権利行使価格が、さらに下のプットオプションを売り、その資金で、権利行使価格が原資産価格に近いプットオプションを買い戻しました。
つまり損益分岐点を下に移動させるために、ファーアウトのプットオプションの売りを増やしたのです。
翌15日の12時過ぎころ、先物のサーキットブレーカーが発動されるに至ると、売り建てしていたファーアウトのプットオプションのボラティリティが100を超え、価格は前日の数倍から数十倍に跳ね上がりました。
例えば、5500円のプットのプレミアムは前日の5円から255円まで上昇する状態でした。
この時の含み損は500万円を超えていました。
すでに損切りをすぐに決断できる金額ではなく、ひたすらナンピンしました。
ファーアウトのオプションを売りまくって、インザマネーとなったプットオプションを高値圏で買戻しました。
これはかなり危険なポジションで、途中で含み損が800万円を超えましたし、仮に日経平均が5000円まで下落すると、4350万円の損失となります。
11日のポジション
日経平均Op 04プット9500 買い4枚
日経平均Op 04プット9250 売り6枚
日経平均Op 04プット9000 売り2枚
14日のポジション
日経平均Op 04プット9500 買い4枚
日経平均Op 04プット9000 売り4枚
日経平均Op 04プット8250 売り8枚 
日経平均Op 04プット7000 売り4枚 
現在のポジション
日経平均Op 04プット9500 買い4枚
日経平均Op 04プット9000 売り4枚
日経平均Op 04プット6500 売り22枚 
日経平均Op 04プット5500 売り25枚 
今回は、オプションの売りというのがいかに恐ろしいか、特にファーアウトのプットオプションの大量売りのリスクがいかに大きいかを思い知らされました。
例えば、5500円のプットオプションを5円で100枚売ると、50万円の収入になります。普通に考えて権利行使の可能性が極めて低いオプションなので、こういうお小遣い稼ぎをしている投資家は結構いるのではないでしょうか。
しかし、15日の高値255円で損切りすると、2500万円の損失となります。
権利行使日まで持っていればよさそうなポジションですが、プレミアムが暴騰した際に追証を払えないとポジションが強制決済されてしまいます。
例えば、松井証券では以下のIRを出しています。
「平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震後の株式相場の急落に伴い、当社における先物・オプション取引顧客につきまして、決済損に対する不足金が35億円発生いたしました。なお、上記不足金の主な発生要因はオプションの売建によるものです。」
オプションを始めて半年も経たないうちにこんなに恐ろしい思いをするとは思ってもみませんでした。
今回の失敗を踏まえて今後は安易なオプション売りはしないように気をつけたいと思います。

「avexfreak氏の3つの動画をお届けするメール講座(期間限定)」

ebook250 avexfreak氏は、会社勤めをしながら株式投資を行っています。 資金管理と投資法について研究を重ねて、 優位性が高い方法をいくつか構築しました。

直近10年間の成績をご覧ください。
2003年:300万円→2000万円(+560%)
2004年:2000万円→3000万円(+50%)
2005年:3000万円→7650万円(+155%)
2006年:8000万円→9300万円(+16%)
2007年:10300万円→9450万円(-8%)
2008年:9350万円→7900万円(-15%)
2009年:7900万円→8430万円(+6%)
2010年:8430万円→9190万円(+9%)
2011年:9000万円→10500万円(+16%)
2012年:10000万円→10820万円(+8%)
2013年:10000万円→13650万円(+36%)

資産を2003年から45倍以上にしています。 中でも、avexfreak氏が9年間以上使い続け、 2,000万円以上の利益を出している手法が、 「会社四季報の先回り買い」です。

下記のメール講座ではavexfreak氏の3つの動画をメール講座とともにお届けします。
各講座ではavexfreak氏が実践する手法の中から「会社四季報の先回り買い」と 「ブレイクアウト投資法」を ご紹介いたします。

配信期間は限られていますので、今すぐお申込ください。

Comments

  1. オプションについては、詳しくないのですが、11日夕場の時点で、ボラが大きくなることが、分かっているのにオプションの売りを建てるとは、無謀過ぎじゃないでしょうか。
    いつも日記楽しみに見てますので、退場にならないように、頑張って下さい。

  2. いつも投資の参考にしてます。
    私もオプションを2年ほどしてますが去年のギリシャ危機のとき同じような経験をしました。
    90Pを買い戻し70Pを売り、結局、証拠金が少なかった為ロスカットしました。
    今回は地震が発生した直後にプットオプションは買い戻しました。15時15分までは価格はほとんど変わりませんでした。9・11の時は終値で1円が800円になったこともあり、プットの売りは怖いです。

  3. よむよむ says:

    これは投資ではなくギャンブルです。次同じことをすれば確実におけらになります。いい経験になったのではないでしょうか?でも退場せずによかったですね。僕も15%急落でくらいましたが、いちどポジション全部外し急落がひどいものを買いなおし半分取り返しました。でも急落の時も恐怖心なく冷静にトレードできたのがよかったと思います。1.5倍の信用使っていたのに・・・。

  4. hina415さん、ありがとうございます。確かに無謀でした。なんとか無事解消できたのでよかったです。

  5. ka205さんは同じような経験をされているのですね。
    あれほどプット価格が急騰するとは想定外でした。
    プットの売りは気をつけないといけないですね。

  6. よむよむさんこんばんは。
    株式の暴落は何度か経験していますが、オプションは初めてだったので値動きに驚きました。
    本当にいい経験になりました。
    あのような相場では冷静に対応することが大切ですよね。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)