計画停電と自家発電

太陽光発電については蓄電ができないので夜間の停電対策には使えません。
それでは、他の発電方法で停電対策に使えるものはないか調べてみました。
1 家庭用燃料電池(エネファーム)
都市ガスから水素を取り出し、空気中の酸素と反応させることで発電する。
しかし、停電時には停止するため停電対策にはならない。
2 家庭用発電機エネポ
カセットコンロ用のカセットボンベで発電するため停電時に使用できる。
カセットボンベ2本の装填で、約1.1時間から最長約2.2時間。
しかし、大量にカセットボンベを使用するので普段使いするにはつらい。
また、80デシベルという騒音は、夜間に使用すれば近所迷惑である。
ガソリンを燃料とする発電機も騒音レベルを考えると、計画停電対策に使うのは厳しい。
3 ソーラー式ポータブル発電器 ソラ・ウナギNEO 
太陽光で発電した電力を内蔵バッテリーに蓄え、家庭用電源(100V)として使用することができるポータブルのソーラー式発電機。
液晶テレビ(62W)を約2時間見れる程度と蓄電量は少ないが、太陽光発電としては手ごろではある。
4 セルスターポータブル電源
これは発電機能はないバッテリーである。
2万円程度で、そこそこの蓄電量なのでコストパフォーマンスに優れている。
しかし、現在在庫がない。
計画停電時に電源を確保するためのいい方法があればご教示下さい。

Comments

  1. パナソニック傘下の三洋ホームズが蓄電池つき太陽光発電住宅を販売しています。今回の地震でどうだったか非常に興味あるところです。たしか価格は2900万円ぐらいだったはず。

  2. variantさん情報ありがとうございます。
    蓄電池つき太陽光発電を後付けで300万円くらいでできるようになるといいのですが。。。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)