オプション枚数引き上げ審査

カブドットコム証券では、4月11日の夕場以降OPの売り上限が20単位とされています。
20単位上限ではポジションの操作がしにくくなる可能性があるので、50単位への上限引き上げの審査をお願いしました。
しかし結果は不可でした。
同じことを考えられる方もいらっしゃると思うので、担当の方とお話した内容を参考までに記載しておきます。
担当者:オプションの証拠金に4000万円~5000万円程度入れてもらえれば検討可能だが、現状のままでは難しいです。
私:口座全体では6500万円入っているので、仮に50単位に引き上げても回収できなくなることはないと思いますが駄目でしょうか。
担当者:オプションの証拠金ベースでの判断となるので、オプションの証拠金が900万円ちょっとでは引き上げは難しいです。
正直、オプションの取引はほとんど利益になっていない中大きな損失が発生して各社とも厳しい状況です。
将来的には50単位に戻すかもしれないし、0単位に引き下げるかもしれない。それは現時点ではなんとも言えません。
お話をした印象としては、個人投資家にオプションの売りはこれ以上させたくないのだなと感じました。
おそらく現行の手数料では証券会社のリスクと見合わないのだと思います。
今後オプション取引をする際には、相場のボラティリティが高くなった場合にはさらなる上限引き下げや新規売買禁止があるかもしれないことを意識してポジションを取る必要があると思いました。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Comments

  1. 甲羅君 says:

    有益な情報提供、ありがとうございます。
    ワタシもカブコム証券で取引していますが、売り枚数が20枚に引き下げられたことは気づきませんでした。
    運用規模が小さいので20枚でも大丈夫ですけどね。

  2. 甲羅君さんこんばんは。
    最近連続して引き下げをしているのでさらなる引き下げがあるかもしれません。
    印象としては、あまりオプション取引をさせたくない雰囲気でした。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)