ノルウェー輸出金融公社の格下げ

「24日の一般債市場で、ノルウェー輸出金融公社のサムライ債(円建て外債)の価格が下落した。気配は第1回債(償還2015年6月)が81円オファー─74円ビッド、第2回債(償還2016年7月)が80円オファー─70円ビッド。ムーディーズが22日、ノルウェー輸出金融公社の格付けをAa3からBa1に7段階引き下げたことをきっかけに、気配値が大幅に下落したという。」
以上ロイターから引用。
ほとんどの投資家には関係ないニュースかもしれませんが、このノルウェー輸出銀行は、日本での日経リンク債などの仕組み債の発行体になっています。
一般的に、日経リンク債などの仕組み債の発行体には、発行体が潰れるといった信用リスクを排除するために、できるだけ高格付けの発行体を用意しているようで、今回のように
発行体が投資不適格になるというのは想定外の事態のようです。
私も野村証券に手数料を落とすために、損を承知の上で、別の会社である「ノルウェー地方金融公社」の日経リンク債を少しだけ持っています。
5000円台に設定されたノックイン価格にならなければ、年4%台の利息がもらえる商品です。
通常、こうした仕組債を買う場合、ノックインのリスクだけを考えて買うと思いますが、発行体の信用リスクのことは頭にないと思います。
今回の格下げは、発行体の格付けが高くても何があるか分からないという怖い事例になってしまいました。
今後、仕組債を買う場合は発行体の信用リスクにも注意する必要があります(といっても買う時点では高格付なので、どうしようもないよね。やっぱり仕組債は買ってはいけない商品なのかもしれません。)。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)