ノルウェー輸出金融公社の格下げ

「24日の一般債市場で、ノルウェー輸出金融公社のサムライ債(円建て外債)の価格が下落した。気配は第1回債(償還2015年6月)が81円オファー─74円ビッド、第2回債(償還2016年7月)が80円オファー─70円ビッド。ムーディーズが22日、ノルウェー輸出金融公社の格付けをAa3からBa1に7段階引き下げたことをきっかけに、気配値が大幅に下落したという。」
以上ロイターから引用。
ほとんどの投資家には関係ないニュースかもしれませんが、このノルウェー輸出銀行は、日本での日経リンク債などの仕組み債の発行体になっています。
一般的に、日経リンク債などの仕組み債の発行体には、発行体が潰れるといった信用リスクを排除するために、できるだけ高格付けの発行体を用意しているようで、今回のように
発行体が投資不適格になるというのは想定外の事態のようです。
私も野村証券に手数料を落とすために、損を承知の上で、別の会社である「ノルウェー地方金融公社」の日経リンク債を少しだけ持っています。
5000円台に設定されたノックイン価格にならなければ、年4%台の利息がもらえる商品です。
通常、こうした仕組債を買う場合、ノックインのリスクだけを考えて買うと思いますが、発行体の信用リスクのことは頭にないと思います。
今回の格下げは、発行体の格付けが高くても何があるか分からないという怖い事例になってしまいました。
今後、仕組債を買う場合は発行体の信用リスクにも注意する必要があります(といっても買う時点では高格付なので、どうしようもないよね。やっぱり仕組債は買ってはいけない商品なのかもしれません。)。

柳橋流イベント投資法を期間限定で無料公開中!                          

slide1 わずか数日から数週間で数十万円~数百万円を稼ぐことのできるイベント投資法。夕凪氏の手法を進化させた柳橋流イベント投資を3回の動画で学ぶことができます。期間限定の公開ですので、今すぐご覧ください。

【9月12日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「毎月安定して利益をあげられる株主優待先回り投資」
1回目の映像では再現性と優位性の高い投資手法であるイベント投資について、投資手法の魅力と概要をご紹介します。そして、株主優待先回り買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。後半ではイベント投資を実践する柳橋氏が株主優待先回り買いの最新の事例をお伝えします。

【9月16日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「イベント投資とIPOを組み合わせた投資手法」
2回目の映像ではイベント投資について、IPO投資と組み合わせた投資手法をご紹介します。この手法では、IPO投資のIPO特有の値動きを利用することで、大きな利益を狙うことができます。この映像では、上場日当日に使える戦略のほか、上場直後、上場後というタイミングに応じた戦略を公開します。

【9月19日(木)  18:00 第三回動画公開スタート】
「ファンドの動きを利用するインデックス買い投資法」
3回目の映像ではイベント投資について、インデックス買いというイベント投資の手法を仕組みや取引事例をご紹介します。この手法は株価指数に特化した優位性の高い手法です。この映像では、イベント投資を実践する柳橋氏がインデックス買いについて最新の事例をお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)