本日の売買6/29

今週は売買をしないつもりでしたが、保有しているコールオプションが急騰したので利食いました。
9000円のコール は120円で売却、9250円のコールは39円で買戻して、32万8000円の利益になりました。
現在のポジション(200万円枠)
なし
現在の確定損益 398万8500円(2011年10月に500万円出金)
(計算の都合上、金利、手数料は考慮していません。) 

6月の成績

来週は仕事が多忙のため、トレードをお休みします。
6月の成績を集計しました。
資産推移 
2012年
1月+128万6211円
2月▲12万0819円 
3月+70万7348円
4月▲31万3769円
5月+44万7605円
6月+261万0039円
合計+461万6615円 
今年の目標:+500万円
4月と5月は様子見スタンスでしたが、今月は買いのチャンスと判断して買いスタンスに変更しました。
四季報投資の利益とオプションの利益などで大幅プラスとなりました。
たいてい、四季報発売前はたくさんポジションを持っているので、6月4日から相場が上昇に転じたのはラッキーでした。保有していた四季報銘柄は全て売却しました。

「波に乗る」心得

作家であり、ギャンブラーでもある浅田次郎氏は著作「勝負の極意」の中で、次のように言っています。
「ツキには時々刻々と変化する短期の波と、長い人生からみた長期の波がある。このいずれの波にも逆らってはならない。たとえば、商売が不調のときに実生活の損失を競馬で何とかしようとするのは、風邪の熱をさまそうとして水風呂に飛び込むようなもので、まず絶対に勝てない。勝てないどころかヘタをすれば命にかかわる。
いやなことばかり続いてクサクサするから競馬でもやってストレスを解消しよう、などというのもよくあることだが、これもまず絶対に勝てない。ストレスはさらに蓄積されることうけあいである。」
私は、この文章の「競馬」を「株」に置き換えても、そのまま当てはまるのではないかと思います。
システムトレードで、機械的にトレードをする方からは、「波に乗る」という発想は、非科学的だと非難を受けるかもしれませんが、裁量でトレードしていると、「波に乗る」ことが重要だという気がします。
そして、「波に乗る」ためには、自分が置かれている状況(波に乗れているのか、乗れていないのか)を客観視することと、その状況を前提にして柔軟な戦略を取る必要があります。
「ただし、ツキがないからといってまったく目をそむけてしまってはならない。必ず予想をし、結果を見る。努力をおこたってしまえば、勝負の女神は永久にソッポを向いたままなのである。実はこれが一番むずかしい。」
このあたりも株に当てはまります。
調子が悪い時や、相場環境が悪く自分のやり方で儲けられない時に、ただ観察を続けること。
これはなかなか難しいことです。
手を出してやられるか、全く観察をやめてしまいがちです。
何もしないで、観察だけ続けることが難しければ、観察用に、ごく小さいポジションを取るといいです。
私もこの方法で観察だけをする時間を取ることで、だいぶ収益が安定するようになりました。
現在のポジション(200万円枠)
日経平均Op 07コール9000 @55円 買い8枚
日経平均Op 07コール9250 @23円 売り12枚
現在の確定損益 366万500円(2011年10月に500万円出金)
(計算の都合上、金利、手数料は考慮していません。) 

本日の売買6/18

寄り付き買い気配スタートとなった三菱UFJフィナンシャル・グループ (8306)は寄り付きで利食いました。16万円の利益。
現在のポジション(200万円枠)
日経平均Op 07コール9000 @55円 買い8枚
日経平均Op 07コール9250 @23円 売り12枚
現在の確定損益 366万500円(2011年10月に500万円出金)
(計算の都合上、金利、手数料は考慮していません。) 
エンジュクから、私の四季報投資のノウハウが詰まったDVDが発売されました。

東証・大証統合、7月上旬にも可否

「公正取引委員会は15日、東京証券取引所と大阪証券取引所の経営統合計画に関する2次審査について、審査に必要な追加報告を両社から全て受理した。7月上旬までに統合の可否を判断する見通し。承認されれば、2013年1月に統合持ち株会社「日本取引所グループ」が誕生する。」
以上時事ドットコムから引用。
今週株価が下落した大証株を購入しておいたので、来週が楽しみです。

本日の売買6/15

四季報の発売で上昇したエムアップを1910円で、ニチリンを635円でそれぞれ利食いました。50万円の利益。
代わりに、チャートが上昇トレンド入りした三菱UFJフィナンシャル・グループ (8306)を352円で1万株購入しました。
現在のポジション(200万円枠)
三菱UFJフィナンシャル・グループ (8306)@352円 買い1万株
日経平均Op 07コール9000 @55円 買い8枚
日経平均Op 07コール9250 @23円 売り12枚
現在の確定損益 350万500円(2011年10月に500万円出金)
(計算の都合上、金利、手数料は考慮していません。) 

本日の売買6/14

7月限のコールオプションを仕込みました。
このポジションは、おおむね7月SQ9000円から9750円で利益になる一方、失効すると16万4000円の損失となります。
ギリシャ選挙後の相場の上昇に掛けてみました。
現在のポジション(200万円枠)
日経平均Op 07コール9000 @55円 買い8枚
日経平均Op 07コール9250 @23円 売り12枚
エムアップ(3661)@1710円 買い500株
ニチリン(5184)@535円 買い4000株
現在の確定損益 300万500円(2011年10月に500万円出金)
(計算の都合上、金利、手数料は考慮していません。) 
デルタ0.4508
ガンマ-0.0001
セータ-1.6620
ベガ 3.1220

運用資産5倍増達成しました

昨年の2月末に200万円を信用取引で大きくリスクを取ってどれだけ増やせるかという企画を始めましたが、本日で資金が5倍増の1000万円を達成しました。
私がもし、手元に失ってもいい200万円があれば、ハイリスク投資をして、それが成功して資金がある程度増えたら安定運用に切り替えます。
その場合は、今回のような売買の仕方をしたと思います。
もっとも、私の場合200万円をハイリスク投資したといっても、それ以外の資金が1億円ちかくあるので、精神的な安心感があり、200万円は本当に失っても全く構わないという気持ちでやっているので、全資金が200万円の場合は精神状態が違うので、今回と同じようにうまくいくとは思えません。
それに、ハイリスク運用の場合、最初のスタートダッシュができるかどうかで結果が大きく左右される(最初に資金を半減させたらまず立ち直れない)ので、運に恵まれた部分も大きいです。
エムアップを1761円で1000株利食いました。51000円の利益。
現在のポジション(200万円枠)
エムアップ(3661)@1710円 買い500株
ニチリン(5184)@535円 買い4000株
現在の確定損益 300万500円(2011年10月に500万円出金)
(計算の都合上、金利、手数料は考慮していません。) 

本日の売買6/12

週末にかけて不安定な状態が続きそうなので、後場の戻り局面で、エムアップを1755円で500株、ニチリンを580円で1000株だけ利食いました。67500円の利益。
現在のポジション(200万円枠)
エムアップ(3661)@1710円 買い1500株
ニチリン(5184)@535円 買い4000株
現在の確定損益 294万9500円(2011年10月に500万円出金)
(計算の都合上、金利、手数料は考慮していません。) 

本日の売買6/11

今週金曜日に発売される四季報の内容がよさそうなニチリン(5184)を535円で5000株購入しました。
現在のポジション(200万円枠)
エムアップ(3661)@1710円 買い2000株
ニチリン(5184)@535円 買い5000株
現在の確定損益 288万2000円(2011年10月に500万円出金)
(計算の都合上、金利、手数料は考慮していません。)