譲渡受渡代金がマイナスの株を保有しています。

5年ほど前に無償譲渡を受けたアルデプロ株1株の存在を完全に忘れていたのですが、完全に忘れていたために、特別口座(株券電子化に伴い、上場株式等を証券保管振替機構に預託していない株主の権利を保全するために、信託銀行等に開設された口座)に入れられてしまいました。
厄介なことに、この特別口座で株式を保有していると、上場株式等の配当金を、証券会社等の取引口座の株式数に応じて、証券会社等を通じて受け取る方法である「株式数比例配分方式」を選択できないのです。
そして、「株式数比例配分方式」を選択しないと、株式の譲渡損失と配当金との損益通算ができない等のちょっとした問題が生じます(毎年確実に利益を出せるのであれば損益通算できなくても全く問題は生じませんが。。。)。
そこで、特別口座に入っていたアルデプロ株をカブドットコム証券の口座に移管しました。
移管した株を売却しようとすると、最低手数料よりも株価が低いので譲渡受渡代金がマイナスになってしまいます。
そのため、しばらく放置しておくことにしました。
こんな面倒なことになる前に売却しておくべきでした。
8925

本日の売買9/27

もち合い上放れ後の押し目を形成したテラプローブ(6627)を新規に購入しました。
個人的には10月中に主要取引先であるエルピーダの更生計画の進展があるのではという期待を持っています。 
現在のポジション(200万円枠)
テラプローブ(6627)@615円 買い3000株
200万円枠の確定利益合計 986万円4500円(出金分500万円を含む)
(計算の都合上、金利、手数料は考慮していません。) 

本日の売買9/24

空売りしていた株主優待関連銘柄を損切りしました。
カゴメは1752円で損切りして34000円の損失、オリエンタルランドは10280円で損切りして55000円の損失となりました。
現在のポジション(200万円枠)
なし
200万円枠の確定利益合計 986万円4500円(出金分500万円を含む)
(計算の都合上、金利、手数料は考慮していません。) 

本日の売買9/21

賞味期限が切れかけている(チャートがピークアウトしている)株主優待関連銘柄に空売りを入れました。
来週中に買い戻す予定ですが、建値から1%上昇したら損切りします。
現在のポジション(200万円枠)
カゴメ(2811)@1735円 一般信用売り2000株
オリエンタルランド(4661)@10170円 一般信用売り500株
200万円枠の確定利益合計 995万円3500円(出金分500万円を含む)
(計算の都合上、金利、手数料は考慮していません。) 

シャープCB(転換社債型新株予約権付社債)安値更新

シャープCB(転換社債型新株予約権付社債)ですが、本日は3営業日連続で安値を更新して終値は63円となっています。
利回りは57.78%となっています。
ここから先出てきそうな材料の候補はこんな感じかと。
好材料候補(可能性があるもの)
ホンハイとの合意成立(9月中を目指すとしているがこれまでも今週中、今月中などの目標はことごとく未達成)
3000億円の融資決定(9月末までのシャープの資金繰りのめどは付いていると報道されており、10月に入ってからか?)
悪材料候補(可能性があるもの)
ホンハイとの交渉決裂
業績の下方修正
経営破綻
好材料候補の2つは、早くても9月末くらい、遅ければ10月中というイメージです。
悪材料候補は出るかどうか含めて全く予測できません。
次買いのタイミングがあるとすれば、シャープの存続が確実視できるニュースが出たにもかかわらず、CBの価格回復が遅れているような場面かなと思います。
シャープ20回CBは3回取引して2勝1敗なのですが、最後の1回でロットを数倍にしたため、トータルで100万円ほどマイナスになっています。。。
CBの売買をしている個人投資家は少ないのか、大手雑誌社から取材の申し込みを頂いたのですがこの損益状況ですので、丁重にお断りしました。

本日の売買9/18

中部電力(9502)は965円で利食いました。17万5000円の利益。
チャート上の上昇余地は十分にあるので、もう少し引っ張らないといけない形なのですが、1営業日で4%抜きはおいしいという目先の利益の誘惑に負けた形です。
せっかくいいところで買えたのだからせめて1000円までは我慢しないとなあ。。。
あと、先日71.05円で購入したシャープCB(転換社債型新株予約権付社債)ですが、本日64.45円で損切りしました。
当面好材料が出ない限り、CBの右肩下がりのトレンドは変わらないだろうと諦めました。
現在のポジション(200万円枠)
なし
200万円枠の確定利益合計 995万円3500円(出金分500万円を含む)
(計算の都合上、金利、手数料は考慮していません。) 

本日の売買9/14

リブセンス(6054)は3560円で売却し、18万円の利益。
ミヤチテクノス(6885)は550円で売却し、10万円の利益。
八千代工業(7298)は535円で売却し、7万円の利益。
配当が出るなら9月末に向かって上昇しやすいかなと思い中部電力(9502)を930円で5000株購入しました。
現在のポジション(200万円枠)
中部電力(9502)@930円 買い5000株
200万円枠の確定利益合計 977万円8500円(出金分500万円を含む)
(計算の都合上、金利、手数料は考慮していません。) 

シャープCB(転換社債型新株予約権付社債)利回り50%超え

シャープCB(転換社債型新株予約権付社債)ですが、本日終値ベースで安値を更新し、終値は66円、利回りはなんと50.008%になってしまいました。
どうしてまだホールドしているかというと、今月中に突然死の可能性は低いと(勝手に)判断しており、今月中に限っていうと好材料の方が出やすいと思っているからです。
ただし、何度も言っていますが非常にハイリスクな銘柄なので、読者の皆様にはおすすめはしません。
現在のポジション(200万円枠)
ミヤチテクノス(6885)@500円 買い2000株
八千代工業(7298)@500円  買い2000株
リブセンス(6054)@3200円 買い500株
現在の確定損益 利益合計 942万円8500円(出金分500万円を含む)
(計算の都合上、金利、手数料は考慮していません。) 
21:40 修正
理論が間違っている部分を修正しました。

「四季報先取り」9時5分更新の謎

四季報発売前なので、東洋経済の記事は毎日チェックしているのですが、今日はこんな記事がありました。
「ニトリホールディングス(9843)は14時を回って8050円(50円高)前後で推移し、前場、2日連続で高値を更新したあとも堅調相場を持続。8月中間期の業績などに期待があり、Webなどで提供する「四季報速報」の「四季報先取り」(10日付)が既存店の好調などを伝えたことも相場心理を強くする要因になっているようだ。」
カッコ内は東洋経済から引用
当社が取り上げたので株価が上昇しましたって上昇理由を書く記事ってめずらしくないですか?
でも、宣伝にはなりますね。
たしかに「四季報先取り」に株価は反応します。
だからできれば場中に出すのはやめてほしいと思っていたのですが、今回から場中更新が減った気がします。
「四季報先取り」で株価をあまり変動させてはいけないという配慮で場中更新を減らしたのかなと勝手に推測したのですが、一部銘柄だけ更新時間が「9:05」など場中になっているのはなぜなのでしょうか?
寄り付きまでに作業が間に合わなかったから?
気になるので誰かご存じの方がいたら教えて下さい。

本日の売買9/11

本日は押し目を形成したリブセンス(6054)を3200円で500株購入しました。
シャープのCB(転換社債型新株予約権付社債)はずるずると下がってきて、終値は67円、利回りは47.185%となっています。
個人的には、足元を見て無理難題を突きつけてくる鴻海(ホンハイ)とは無理に提携しなくてもいいと思うのですが。。。
それでも交渉が破談になったら一時的には株価もCBも急落すると思うので、保有しているときに破談のニュースという事態は避けたいです。
現在のポジション(200万円枠)
ミヤチテクノス(6885)@500円 買い2000株
八千代工業(7298)@500円  買い2000株
リブセンス(6054)@3200円 買い500株
現在の確定損益 利益合計 942万円8500円(出金分500万円を含む)
(計算の都合上、金利、手数料は考慮していません。)