今年の成績

今年の成績を集計しました。
まだあと1週間ありますが、今年のトレードはこれで終了します。
資産推移 
2012年
1月+128万6211円
2月▲12万0819円 
3月+70万7348円
4月▲31万3769円
5月+44万7605円
6月+261万0039円
7月+144万3112円
8月+395万7566円
9月+108万6013円
10月▲425万6913円
11月+415万6011円
12月▲273万6161円
合計 +826万6243円
コメント:今月は、上昇相場の流れに乗ることができませんでした。こういう相場は苦手なので仕方がないですね。
大きくマイナスになったのは、長期保有目的の現物株の値下がりによるものです。
長期保有目的と思い、損切りラインを緩めにしたのが裏目に出ました。
相場全体のムードもよくなっているので、来年以降2003年~2005年の新興バブル相場の再来に期待したいところです。

昨日の売買12/19

昨晩更新できず、記事のアップが遅くなりました。
セプテーニ(4293)はダブル底完成がだましとなり、直近安値を割れたので、63000円付近で損切りしました。
先行投資が理由で1Qの予想が前期比マイナスなだけにしては10%以上の下落は過剰反応であり、ここでの撤退は不本意ではありますが、チャート上の買いの根拠が消滅した以上損切りはやむをえません。
現在の主なポジション
東テク(9960)@378円  買い 2万株
日経平均Op 01コール10000@75円 買い4枚
日経平均Op 01コール10250@30円 売り8枚

昨日の売買12/17

ウェブクルー(8767)は490円付近で損切りしました。
日本ドライケミカル(1909)は3150円付近で利食いました。
先日損切りしたセプテーニ(4293)ですが、四季報の内容がよく、チャートの形も整ってきたので再度買いました。
また昨晩のナイトセッションで、コールオプションを仕込みました。
失効した場合の損失は6万円で、1月SQで10015円~10485円で利益になるポジションです。
10485円を超えると先物4枚分の損失が発生するので、上昇が早すぎると先物買いなどのヘッジが必要になってきます。
現在の主なポジション
東テク(9960)@378円  買い 2万株
セプテーニ(4293)@67500円 買い100株
日経平均Op 01コール10000@75円 買い4枚
日経平均Op 01コール10250@30円 売り8枚

nagaファンド詐欺事件

近いうちにニュースになりそうな経済事件が起きました。
株式会社エヌ・ブラッドが運用する通称nagaファンドが、虚偽の運用実績を提示するなどし、個人投資家から運用資金の約30億を集めた上、運用資金のうち2,137百万円の債務超過となり、破産しました。
私の友人が被害にあったため、詳細について聞く機会がありました。
平成17年頃から、継続して虚偽の運用成績を公表していたようです。
具体的には、運用成績によって償還金額が変動する社債という形で資金を集めていましたが、平成17年には大きな運用益が発生したにも関わらず、その運用益を社債購入者に約束通り還元することはせず、実際の運用指数よりも過小に投資家に報告を行い、不正に5億円ほど資金のプールをおこなったようです。
また、同時期運用資金を流用して不動産を購入したり車両を購入したり、社員を最大16名ほど雇い入れたりしたが、平成18年から相場は下降線をたどり、実際の運用成績よりも高めの指数を投資家向けに発表して投資家に生じている損失が少ないように公表し、その虚偽の運用成績を提示して、資金を集めていたようです。
虚偽の運用成績を提示して資金集めをする手口は、AIJ投資顧問と同じですし、運用資金を不正にプールしたり、流用して不動産などの購入をしており、非常に悪質な事案ですので、当局の捜査等により早期に不正の実態を明らかにしてほしいと思います。
実は、私もこのファンド2005年に100万円お金を出していたことがあります。
お金の集め方が有価証券報告書を提出しないで済む私募債を脱法的に使った方法であったこと(50人未満の投資家から集めた形にしていたが、実際には合計すると50人以上から集めていた。)や、資金の裏付けもないのに元本99%保証を謳うコースを設けるなどの行為を不審に思い、2007年に解約しましたが、危ないところでした。
AIJ投資顧問の事件以降、金融庁の監視が厳しくなり、有価証券報告書を提出しないで社債発行して資金集めをしていたことについて、今年10月に関東財務局から警告を受けており、これで資金集めができなくなったことが破綻の引き金になったものと推測されます。

四季報銘柄パフォーマンス検証

本日の平均騰落率+1.45% と今日だけでみると微妙な数字。
ここまで大きく上昇してきた銘柄も多いため、結構利食い売りが出ていた印象でした。
3765ガンホー・オンライン・エンターテイメント+3.39%
5381日本ミクロコーティング-0.72%
2120ネクスト-0.25%
3423エスイー+12.43%
6727 ワコム-2.06% 
2163 アルトナー-2.62%   
5957日東精工+6.67%
6961エンプラス+4.36%
2122インタースペース-1.79%
2389オプト+0.79%
6832アオイ電子-0.65%
3662エイチーム-1.83%
1909日本ドライケミカル+3.12%
3079 ディーブイエックス+2.15%
9960 東テク-1.22%
日経平均株価 0.05%
ちなみに12月6日(木)の寄り付きに買って、今日14日(金)終値で売った場合のパフォーマンスは以下の通り。
平均騰落率+6.68%なので上々。ただしガンホー1銘柄で平均騰落率を約2%持ち上げているので、それ以外の銘柄の騰落率は、+4.88%。こちらの方が実感に近い数字です。
ブログに公表したのは13日(木)なので、6日(木)に私がこれらの銘柄を選択していたことはごく一部の友人トレーダーしか知らないわけですが(友人トレーダーに送ったリストから3銘柄ほど入れ替えています。タケエイ-5.0%、ゲームカード・ジョイコホールディングス+1.4%、NECネッツエスアイ-4.3%、 オンリー-3.1%を除外、エイチーム+3.8%、エンプラス+1.6%、オプト+3.6%を追加しているので元のリスト掲載16銘柄の騰落率は、+5.01%。)。
3765ガンホー・オンライン・エンターテイメント+31.8%
5381日本ミクロコーティング+11.8%
2120ネクスト+10.0%
3423エスイー-1.8% 
6727 ワコム+2.1%  
2163 アルトナー+6.0%   
5957日東精工+10.3%
6961エンプラス+1.6%
2122インタースペース-7.8%
2389オプト+3.6%
6832アオイ電子+8.1%
3662エイチーム+3.8%
1909日本ドライケミカル+11.1%
3079 ディーブイエックス+5.0%
9960 東テク+4.6%
日経平均株価 2.1%

本日の売買12/14

ディーブイエックスは1035円付近で、ワコムは242000円付近でそれぞれ売却しました。
他の銘柄は来週に持ち越しです。
現在の主なポジション
ウェブクルー(8767)@510円 買い1万株
東テク(9960)@378円  買い 2万株
日本ドライケミカル(1909)@2942円 買い1000株
なぜか私と銘柄選択が被ることが多い、ふりーぱぱさんなのですが、セミナーの内容を拝見して納得しました。
銘柄選択の基準や、買いのタイミングなど私の投資法と共通している点が多く、内容には共感できます。
ふりーぱぱさんのの上方修正投資法の無料動画が現在期間限定で公開されていますのでよろしければご覧ください。

四季報注目銘柄

明日発売の会社四季報では以下の銘柄に注目しています。
最初から素直にガンホーを買っておけばというタラレバを言っても仕方がないので、今日はこの中から、ワコム(6727)を買いました。
四季報銘柄については、私は四季報発売日に売ることも多いのですが、今回は、発売日直後が週末で月曜日の買いも期待できることや、相場全体が堅調なことを考慮して、売り急がない方針です。
3765ガンホー・オンライン・エンターテイメント
5381日本ミクロコーティング
2120ネクスト
3423エスイー
6727 ワコム 
2163 アルトナー   
5957日東精工
6961エンプラス
2122インタースペース
2389オプト
6832アオイ電子
3662エイチーム
1909日本ドライケミカル
3079 ディーブイエックス
9960 東テク
現在の主なポジション
ウェブクルー(8767)@510円 買い1万株
東テク(9960)@378円  買い 2万株
ディーブイエックス(3079)@1000円 買い500株
日本ドライケミカル(1909)@2942円 買い1000株
ワコム(6727)@236000円 買い20株
なぜか私と銘柄選択が被ることが多い、ふりーぱぱさんなのですが、セミナーの内容を拝見して納得しました。
銘柄選択の基準や、買いのタイミングなど私の投資法と共通している点が多く、内容には共感できます。
ふりーぱぱさんのの上方修正投資法の無料動画が現在期間限定で公開されていますのでよろしければご覧ください。

本日の売買12/11

チャートの形がW天井形成となった四季報銘柄3を55000円付近で損切り。
次から次に売りが湧いてくるセプテーニを65500円付近で損切りしました。
無限売りアルゴが出ている銘柄なんて買うんじゃなかったというすごく当たり前の結論になってしまい反省です。
一方で、年初来高値を更新してきた四季報銘柄2は少し買い増ししました。
現在の主なポジション
ウェブクルー(8767)@510円 買い1万株
四季報銘柄2@378円  買い 2万株
四季報銘柄3@1000円 買い500株
四季報銘柄4@2942円 買い1000株

本日の売買12/10

チャートの形があまり良くない四季報銘柄1と四季報銘柄3のポジションを半減させて、上昇トレンドを維持できている四季報銘柄2のポジションを1.5倍に増やしました。
また、本日新規に、もち合い上放れしてきた四季報銘柄4を買いました。
現在の主なポジション
ウェブクルー(8767)@510円 買い1万株
セプテーニ(4293)@68000円 買い60株
四季報銘柄1@56000円買い10株 
四季報銘柄2@370円  買い 1万5000株
四季報銘柄3@1000円 買い500株
四季報銘柄4@2942円 買い1000株
四季報銘柄4の日足チャート
00

エー・ディー・ワークス新株予約権(32509)の最終売買日

本日は、エー・ディー・ワークス新株予約権(32509)の最終売買日だったのですが、エー・ディー・ワークス新株予約権(32509)は、613円、エー・ディー・ワークス(3250)は4910円と波乱なく取引を終了しています。
最終売買日なので、新株予約権の急落があれば拾っていこうと思って注文を入れようとしましたが、カブドットコムでは、2012/12/04(火) 15:30に規制がかかり、買い注文を出せなくなっていました。
どうやら、最終売買日の急落を狙うためには、売買制限がかからない証券会社を探しておかないといけないようです。
今回は、新株予約権のスイングトレードや、新株予約権の行使など、色々で経験できてよかったです。
今後同種の案件があれば積極的に参加していきたいと思います。
昨日買いすぎたセプテーニを減らしました。
現在の主なポジション
ウェブクルー(8767)@510円 買い1万株
セプテーニ(4293)@68000円 買い40株
四季報銘柄1@56000円買い 20株 
四季報銘柄2@361円  買い 1万株
四季報銘柄3@1000円 買い1000株