シャープCBの利回りが26.208%に上昇

今最もホットな銘柄シャープの20回CBですが、今日はストップ安の77円売り気配となっています。
利回りは26.208%となっています。
完全な投げ売り状態になっているので、この売りが約定した後の値動きに興味があるので、このCBは継続監視してみようと思っています。
個人的には、明日利回り30%を超えたあたりから、なくなってもいい金額の範囲でリバウンド狙いの買いを入れてみようかと思っていますが、破綻リスクがあり、ハイリスクハイリターンなので、CB取引の経験のない方におすすめしません。
関連ニュース
以下昨日のロイターの記事から引用。
「シャープのCDSは2013年6月償還と1年が、それぞれ2500bpで取引が成立した。決算発表以降、内外格付機関が相次いで格下げ、または格下げに向けた見直しを発表。一段の格下げがあれば国内格付機関でもA格ゾーン維持が困難になる可能性があり、今後の格付け動向によっては、社債がインデックスから除外される可能性も指摘されている。現時点で社債に対して投資家は平静を装っているが、「インデックスから除外となれば、保有できない投資家の社債売りが膨らむ可能性があり、CDSがどこまでワイド化するか見極めがつかない」(国内金融機関)のが現状だ。」
以下本日のロイターの記事からの引用
「シャープ1年のアップフロントは35%で出合いを付けた。スプレッドに引き直すと、前日に比べて1000bp程度ワイドな水準。市場では2013年9月に迎える2000億円の転換社債(CB)償還を見据え、台湾の鴻海精密工業による資本強化策や主要取引銀行による支援体制の構築に関心が集まっているが「CB償還を見据えた金融機関からのバックアップ体制の構築を進めるためにも、大型液晶事業にかかわるリスクの切り離しや中小型液晶事業を中心とした収益性の回復を慎重に見守りたい」(大和証券・クレジットアナリストの松坂貴生氏)という。」

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)