nagaファンド詐欺事件

近いうちにニュースになりそうな経済事件が起きました。
株式会社エヌ・ブラッドが運用する通称nagaファンドが、虚偽の運用実績を提示するなどし、個人投資家から運用資金の約30億を集めた上、運用資金のうち2,137百万円の債務超過となり、破産しました。
私の友人が被害にあったため、詳細について聞く機会がありました。
平成17年頃から、継続して虚偽の運用成績を公表していたようです。
具体的には、運用成績によって償還金額が変動する社債という形で資金を集めていましたが、平成17年には大きな運用益が発生したにも関わらず、その運用益を社債購入者に約束通り還元することはせず、実際の運用指数よりも過小に投資家に報告を行い、不正に5億円ほど資金のプールをおこなったようです。
また、同時期運用資金を流用して不動産を購入したり車両を購入したり、社員を最大16名ほど雇い入れたりしたが、平成18年から相場は下降線をたどり、実際の運用成績よりも高めの指数を投資家向けに発表して投資家に生じている損失が少ないように公表し、その虚偽の運用成績を提示して、資金を集めていたようです。
虚偽の運用成績を提示して資金集めをする手口は、AIJ投資顧問と同じですし、運用資金を不正にプールしたり、流用して不動産などの購入をしており、非常に悪質な事案ですので、当局の捜査等により早期に不正の実態を明らかにしてほしいと思います。
実は、私もこのファンド2005年に100万円お金を出していたことがあります。
お金の集め方が有価証券報告書を提出しないで済む私募債を脱法的に使った方法であったこと(50人未満の投資家から集めた形にしていたが、実際には合計すると50人以上から集めていた。)や、資金の裏付けもないのに元本99%保証を謳うコースを設けるなどの行為を不審に思い、2007年に解約しましたが、危ないところでした。
AIJ投資顧問の事件以降、金融庁の監視が厳しくなり、有価証券報告書を提出しないで社債発行して資金集めをしていたことについて、今年10月に関東財務局から警告を受けており、これで資金集めができなくなったことが破綻の引き金になったものと推測されます。

「avexfreak氏の3つの動画をお届けするメール講座(期間限定)」

ebook250 avexfreak氏は、会社勤めをしながら株式投資を行っています。 資金管理と投資法について研究を重ねて、 優位性が高い方法をいくつか構築しました。

直近10年間の成績をご覧ください。
2003年:300万円→2000万円(+560%)
2004年:2000万円→3000万円(+50%)
2005年:3000万円→7650万円(+155%)
2006年:8000万円→9300万円(+16%)
2007年:10300万円→9450万円(-8%)
2008年:9350万円→7900万円(-15%)
2009年:7900万円→8430万円(+6%)
2010年:8430万円→9190万円(+9%)
2011年:9000万円→10500万円(+16%)
2012年:10000万円→10820万円(+8%)
2013年:10000万円→13650万円(+36%)

資産を2003年から45倍以上にしています。 中でも、avexfreak氏が9年間以上使い続け、 2,000万円以上の利益を出している手法が、 「会社四季報の先回り買い」です。

下記のメール講座ではavexfreak氏の3つの動画をメール講座とともにお届けします。
各講座ではavexfreak氏が実践する手法の中から「会社四季報の先回り買い」と 「ブレイクアウト投資法」を ご紹介いたします。

配信期間は限られていますので、今すぐお申込ください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)