3月の成績

3月の成績を集計しました。
1月+285万4288円
2月+617万7887円
3月+616万8283円
合計 +1520万458円
今年の目標:3000万円
コメント:今月は、四季報投資の利益が大きく貢献しました。
最大投資額2000万円で、600万円の利益というのは、リスクと収益のバランスがとてもよかったと思います。
やはり、相場環境がよければ、資金を回転できるスイングトレードは強いです。
今年の目標1000万円は達成したので、目標額を3000万円に変更しました。

カブドットコム証券が一時品受・品渡受付を停止

昨日が3月末優待の権利付最終日だったので、昨晩、現物の買いと一般信用の買いを品渡で処理してポジションを解消しようとしたところ、何度やっても、「お問合せのページはただいま受付時間外です」というメッセージが表示されて、品渡の処理ができませんでした。
今朝、起きても同じ状態なのでおかしいと思ったところ、トップページに以下のお知らせが。
カブドットコムは、「株主優待を一般信用で賢く獲得するテクニック」なんて資料まで作って、優待取りを勧めているわけです。
そして、その資料の中で、「権利落ち日以降に、現物株を品渡し、信用売建玉を決済します。」と説明しているのに、自社のシステム上対応できないからと、その決済をさせないとは何ごとでしょうか。
日中取引できない個人投資家は、今日の夜に品渡の処理をすることになり、もう1日分、一般信用の貸株料を払わざるを得なくなります。
いくらなんでも、カブドットコムの対応は酷すぎます(怒)
実際には、9時30分に再開したようですが、全くお粗末です。
「3/26夜間の品受・品渡受付停止 [重要]
信用建玉に係る品受・品渡の受付について、3/27(水)朝の予約受付分の処理に時間を要すことが予想されるため、3/26(火) 22:30より受付を停止させていただいております。
なお、受付の再開は、3/27(水) 10:00を予定しております。
この間、品受・品渡を行おうとすると、「お問合せのページはただいま受付時間外です」というメッセージが表示されます。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、3/27(水)の受付再開後に、品受・品渡をお申込いただきますようお願い申し上げます。」
昨日買ったガンホーですが、寄り付きで利食いすればいいものを様子見して、同値撤退しました。
現在のポジション
なし

株式分割銘柄(ガンホー)の権利取り

3月末で1株を10株に株式分割するガンホー(3765)を大引けで権利取りしておきました。
株式分割で1株を10株に分割しても、株式の内容には全く変わりがないので、本来は株価に対して中立のはずですが、ガンホーは今の相場のスター株ですので、最低購入価格が低くなれば買いたい投資家が多いのではないかというのと、今の相場の地合いは株式分割銘柄にはプラスに影響するのではないかと思って買ってみました。
しかも、昨日ディスカウントTOBの発表で株価が下落したので、ディスカウントTOBで株価が下落した場合は買いチャンスのコンボでいけるかなと。
現在のポジション
ガンホー(3765)@415万円 買い1株

3月株主優待取り

私は、カブドットコム証券で、現物買いと一般信用売りで株主優待を取っていますが、今年の3月優待は、いつもは人気で取れないような優待が取りやすくなっています。
相場環境がよすぎるので、優待取りで資金を拘束されたくないと考える人が多いのかもしれません。
私は以下の35銘柄で優待取りをしました。
基本的に2000円以上の金券、カタログギフト、換金性の高い優待券が中心です。
利回りは私の建値ベースの概算なので、時価ベースではありません。
一般信用優待取り銘柄
銘柄   優待内容  優待利回り概算
4921 ファンケル 商品2.70%
2664 カワチ薬品 商品券2.50%
3205 ダイドー   商品 2%
7942 JSP   クオカード2%
7458 第一興商  商品券2%
1762 高松   米5キロ2%
9832 オートバックス 商品券1.80%
7278 エクセディ  ギフト 1.50%
7456 松田産業  クオカード1.50%
1334 マルハ   商品1.50%
7631 マクニカ   ギフト 1.50%
6820 アイコム   ギフト 1.30%
8425 興銀リース 図書カード1.20%
8566 リコーリース クオカード1.20%
4733 オービック  クオカード1.20%
5988 パイオラックス ギフト1.20%
7313 テイエステック 商品1.20%
8350 みちのく銀行 ギフト1.20%
8086 ニプロ 商品券1.20%
9021 西日本旅客鉄道 株主優待券1.10%
6151 日東工器 図書カード1.10%
8342 青森銀行 ギフト1%
8424 芙蓉リース クオカード0.90%
8439 東京センチュリーリース クオカード0.90%
3088 マツモトキヨシホールディングス 商品券0.80%
8087 フルサト ギフト0.80%
8385 伊予銀行 ギフト0.60%
8418 山口銀行 ギフト0.60%
8381 山陰合同銀行 ギフト0.60%
8153 モスフード 食事券0.60%
8331 千葉銀行 ギフト0.50%
9201 jal 優待券0.50%
4661 オリエンタルランド パス0.40%
3099 三越伊勢丹 買物割引 -%
3395 サンマルク 食事割引 -%

四季報投資の結果

ニチリン(5184)を770円で、ホシデン(6804)を580円で売却し、合計で100万円の利益となりました。
今回の四季報投資の利益は、5銘柄の合計で565万円になりました。
相場環境の好転によって個人投資家の参加が増えたため、普段以上に大きな収益になったのではないかと思います。
四季報投資の収益
瑞光(6279) +195万円
インフォマート(2492) +144万円
ニチリン(5184) +130万円
穴吹興産(8928)+86万円
ホシデン(6804) +10万円
合計 565万円
現在のポジション
なし

四季報銘柄(2013年2集春号)

明日が四季報発売日なので、四季報銘柄のニチリン(5184)とホシデン(6804)を購入しました。
本当はもう少し手広く買いたかったのですが、全体的に買われていたため、買い指値が刺さらず、2銘柄のみとなりました。
今回、私が2月28日の朝選んで友人トレーダーに送った四季報銘柄は以下の9銘柄です。
今回は相場環境がよかったこともあり、9銘柄平均でここ2週間で23%上げています。
全部買っておけばよかった(汗)
2月28日始値 3月14日終値 上昇率
マネースクウェア(8728)105,000 171,200 63.0%
日精樹脂工業(6293) 542 726 33.9%
インフォマート(2492)1,746 2,300 31.7%
瑞光(6279)4,180 5,300 26.7%
穴吹興産(8928)450 549 22%
Jトラスト(8508) 1,630 1,832 12.3%
ニチリン(5184)650 713 9.6%
フィスコ(3807) 60,900 66000 8.3%
ホシデン(6804)  561 570 1.6%
9銘柄平均上昇率 23.2%
日経平均 11396 12381 8.6%
現在のポジション
ニチリン(5184)@680円 買い1万株
ホシデン(6804)@570円 買い1万株

市場に利益を還元中

先週までは多少甘い仕掛けでも、利益になる環境で、成績も絶好調な状態だったため、油断をしていました。
先週からメドレックスとクロスマーケティングに買い指値注文を入れていたことをすっかり忘れており、しかも、株主優待のポジションが30件以上あるため、信用ポジションの残高一覧を見ても、約定していたことに全く気がつきませんでした。
今朝、資産推移の数字に違和感を感じて、昨日急落した銘柄を保有していることに初めて気が付きました(汗)。
約定価格から10%ほど下がっていたため、40万円ほどの損失になりました。
また、昨夜先物ミニを12290円で40枚売って損切りの逆指値を12320円に入れていたのですが、ナイトセッションの高値が12315円で、損切りの逆指値は約定せず、ナイトセッションが終了した後に上昇したため損切りされずに含み損だけ増加するという最悪の状況に。
結局、大証寄り付きの12375円で損切りして34万円の損失になりました。
最大12万円の損失で済むと思っていたものが、34万円の損失になるのは精神的にきついです。
これは、損切りの逆指値買い注文を朝6時15分まで取引ができるシカゴ先物の方に注文入れておくべきだったと思います。
これ以外にも、先物の取引で、現状日経平均が12000円台なのに11000円台だと勘違いして、誤発注をしてますし、今週はダメダメです。
ここからは、気を引き締めていきたいと思います。
明日はお休みします。
ここ3営業日のダメっぷり詳細
 
3月8日 
コールオプションの売り注文を消し忘れる。気が付いたときには15万円の含み損。
その後ナンピンして含み損が70万円になる。
3月11日 
オプションの含み損が35万円に減ったので損切り。
PM2.5関連の堀場を買って8万円の損切り。
メドレックスとクロスマーケティングで買い注文を入れてたことを忘れて気が付いたら40万円の損失。
3月12日 
先物売り持越しで34万円の損失。
石油開発に突撃して数分で10万円の損失。
5連敗で127万円の損失。
得意なわけでもないテーマ株(バイオ、PM2.5、メタンハイドレート)に手を出してる時点で負け戦なんですよね。そこに参戦することについてあなたにどういう優位性があるのというと言われると、何もないわけで(笑)
あと、注文消し忘れで含み損になって、その損失を心理的に受け入れられずにナンピンして、損を増大させるのは時々ある失策ですが、損失を受け入れる準備ができていない時に、損失が発生すると、それを心理的に受け入れることがむずかしいのですよね。。。
誤発注とか、両建ての失敗から大損失につながったことは過去にも何度かあります。
最近読んだ本に書いてありましたが、損失が発生して、すぐにそれを受け入れらない時は、ポジションの半分だけ手仕舞うとか、段階的に損切りをすればいいようです。
これにはなるほどと思いました。
現在のポジション
日経平均Op 04コール12750 @175円 買い4枚
日経平均Op 04コール13000 @115円 売り6枚
デルタ-0.0772
ガンマ-0.0002
セータ4.9080
ベガ-13.4252

本日の取引 3/8

今朝起きてみると、ナイトセッションで大証先物が200円も上昇していて、100円上昇毎に60万円マイナスになるポジションだったので、朝からブルーな気分でした。
6月限の先物の価格から、SQ12170円くらいを覚悟していましたが、SQにからんだ売買は売り越しだったようで、SQ12072円で許してもらえたので助かりました。
3月限のオプションの売買の損益はすでに利食ったものを合わせて90万円くらいのプラスで終われました。
穴吹興産(8928)ですが、530円~535円で全株売却しました。90万円の利益。
チャート上は持続でいいのですが、ちょっと休憩したいので全ポジションをクローズしました。
来週は四季報発売があるので、水曜日くらいからトレード再開します。
現在のポジション
なし

本日の取引 3/7

日経平均12000円到達で達成感があるのか、指数の動きが少し止まってきたので、ポジションを全体的に減らしました。
穴吹興産(8928)は昨日の買い増し分を利食った後買戻し12000株をキープ。
ニチリン(5184)は、700円~695円で全株売却して、40万円の利益。
瑞光(6279)は、5100円~5000円で全株売却して。195万円の利益。
困ったのは明日のSQに向けてのコールオプションの処理です。
12000円のコールを10枚売っているので、上振れされると結構痛い状況です。
デルタヘッジでさらに先物を買いましました。
それでも、先物ミニ60枚売っているに等しい状態で、SQが12000円から上は、100円上に行くことに60万円収支がマイナス方向にぶれます。
現在のポジション
穴吹興産(8928)@452円 買い12000株
日経平均Op 03コール11500 買い2枚
日経平均Op 03コール12000 売り10枚
日経225先物ミニ@11950円 買い20枚
CME日経225先物@11195円 買い8枚(ミニ40枚相当)
大証日経225先物ミニ@11355円 売り40枚

バブルへGO

2月14日から本日まで15営業日連続で資産が前日比で増加となっています。
しかも、MAX2000万円くらいのポジションでこの3週間で900万円くらいプラスになっています。
また、小型株を買った途端に何十%も上がるということも多くなってきています。
2004年から2005年にかけての新興バブルを彷彿させる雰囲気になってきました。
瑞光(6279)の含み益が200万円近くまで増え余裕ができたので、穴吹興産(8928)を499円で2000株、ニチリン(5184)を670円で4000株買い増ししました。
オプション3月限で12000円コールの売りが危なくなってきたので、デルタヘッジのため先物に買いを入れました。
現在のポジション
瑞光(6279)@4110円 買い2000株
穴吹興産(8928)@452円 買い12000株
ニチリン(5184)@657円 買い10000株
日経平均Op 03コール11500 買い2枚
日経平均Op 03コール12000 売り10枚
日経225先物ミニ@11800円 買い7枚
CME日経225先物@11195円 買い8枚(ミニ40枚相当)
大証日経225先物ミニ@11355円 売り40枚