本日の取引 6/11

本日前場に1銘柄外すなどして、買いポジションを4000万円弱に圧縮しました。
後場急落がありましたが、このあたりで押すのはシミュレーション通りなので、売りたい気持ちは抑えてポジション継続しました。
水曜日、木曜日、金曜日のどこかでもう一度上げが来ることを想定しているので、その通りになった場合は、そこでポジションを減少させたいと思っています。
反対に13000円割れてきて、雰囲気が悪化した場合も、ポジションは落とします。

本日の取引 6/10 

大引け段階での買いポジション総額と含み損は以下となっています。
新興、小型株を5000万円超保有しているので、油断できませんが、前日比ではかなり改善されました。
買い総額 約5250万円  
含み損  約280万
確定利益 +80万円
合計 ▲200万円(前日比+600万円)
もっとポジションを減らせばいいのにと思われるかもしれませんが、できれば、数日我慢したいと思っています。
過去の暴落時も、リバウンドというのは、一気にこないで、あれ、もう終わりって思ったところから、しばらく経って再度上昇するイメージを持っているからです。
おそらく、リバウンド初動段階では、ポジションの整理などで、売りがたくさん湧いて出てくるため、価格は急激に上昇しないで、足止めされ、その後、戻り売りをこなすのに、数日かかってから、ポジション整理がある程度進むと、また上昇するというメカニズムなのではないかと個人的には考えています。
そのため、金曜日が底という前提が正しいとすれば、もう少し我慢してもいいのではないかと思うのです。
3.11の時のリバウンドの時系列(日経平均) リバウンドのイメージ
3.11 10,254
3.14 9,620
3.15 8,605 底値をつけた日
3.16 9,093(リバウンド1日目、まあこんなもんかな。)
3.17 8,962(リバウンド2日目、あれ、もうリバウンド終わりですか?)
3.18 9,206(リバウンド3日目、ポジション整理完了で再度上昇開始)
3.22 9,608(リバウンド4日目、上昇継続。このあたりで戻り一杯。)

新興暴落備忘録

今週は、資産のやられ方で言うと、2008年のリーマンショック以来でした。
失敗例として記録しておこうと思います。
今週は、週の初めから新興銘柄や小型株を中心に、3000万円ほどの買い持ちをしていました。
損切りをしないで対応をしたところ、木曜日の時点で、含み損が約500万円に。
金曜日は、逆張り買いのシグナル点灯で前場から買いに行き、ポジションを5500万円に倍増させるも、後場の暴落を受けて、含み損が約1200万円に。
後場のリバウンドがあったので、大引けの段階では、含み損は800万円に。
今回の失敗の原因を分析すると、やはり損切りしないで対応したことです。
どうして木曜日までに損切りしなかったかというと、値動きから見て、数日以内に、底を打つと思ったこと、四季報銘柄も入っていたので、四季報まで待とうと思ったこと、暴落中で投げるに投げられなかったことなどが理由です。
でも木曜日、金曜日の下落率は想像以上でした。
木曜日までに一度損切りしてから、金曜日買うべきでした。結果論ですが。
まあ、その前に新興中心に3000万円という買いポジションも大きすぎました。
このあたりの原因は、5月末時点で、今年はまだ1600万円貯金があるという油断です。
最終的な損益がどのあたりに落ち着くかはまだ分りませんが、個別株の売買(リートを除く)で、含み損1200万円というのは初めての経験なので、失敗例として記録しておきます。

新興市場中心に地獄絵図

25日移動平均線からのマイナス乖離25%以上の銘柄が前引け段階で約330銘柄。大引け段階で約310銘柄。
特に新興市場や個人投資家好みの銘柄は暴落状態です。
こんな地獄絵図のような景色は、3.11以来のような気がします。
保有している現物株も10%~20%下落し、今日が底なんだろうなと思いながらも、含み損が莫大すぎて、大きくは買い出動できませんでした。
来週、リバウンドするのかに注目です。

セリングクライマックスか

今日の下げは酷かったですね。
私の持っている現物株も総じて10%以上下落するなど、セリングクライマックスのような値動きになっていました。
25日移動平均からのマイナス乖離率25%以上の銘柄数も約150銘柄と今年最大の水準になっています。
これで、明日安く始まれば、リバウンド狙いの買いを入れるタイミングがありそうな気がします。
含み損が大きくなっており、今月も大幅なマイナス計上となりそうですが、もともと、4月までの成績自体がバブルだったと考えれば、仕方のないことだと諦めもつきます。
一度手に入れたものは自分のものだと思うから、資産のピーク時からのマイナスの大きさにダメージを受けるのですが、数か月前に戻っただけだと考えれば、いくらか気分は楽になります。
現在の主なポジション
四季報銘柄1
13000円プット買い5枚
12500円プット売り10枚
12000円プット買い2枚

本日の取引 6/5

昨日は大きくリバウンドしたのですが、今日は一転急反落となってしまいました。
昨日のうちで利食っておけばよかったと、後悔しても仕方がないので、淡々とポジション縮小。
マネースクウェア・ジャパン(8728)は356000円で利食いました。約10万円の利益。
相対的に強い値動きだった水戸証券(8622)はそのまま残しました。
プットのポジションを積み増ししつつ、万一のSQ12000円割れに備えて12000円プットを少し買いました。
SQで12000円を割れた場合の損失は、100円毎に30万円になります。
現在の主なポジション
四季報銘柄1
水戸証券(8622)@416円 買い1万株
13000円プット買い5枚
12500円プット売り10枚
12000円プット買い2枚

本日の取引 6/4

今日は、13000円付近まで下落した場合は、リバウンド狙いの買いを入れようと思っていました。
前場10時頃から水戸証券(8622)とマネースクウェア・ジャパン(8728)を合計で600万円ほど買って、大引けでは60万ほどの含み益になりました。
しかし、指数が高値をつけた5月23日に買った四季報銘柄1は含み損継続ですし、まだまだ指数も油断はできないですね。
SQに向けてのオプションのポジションを組んでいます。
概ね、12000円~13000円で利益になり、12000円を割れると、100円下がる毎に40万円の損というポジションです。
現在の主なポジション
四季報銘柄1
水戸証券(8622)@416円 買い1万株
マネースクウェア・ジャパン(8728)@335500円 買い5株
13000円プット買い4枚
12500円プット売り8枚

5月の成績

5月の成績を集計しました。
1月+285万4288円
2月+617万7887円
3月+616万8283円
4月+506万9166円
5月▲372万0431円
合計 1654万9193円
今年の目標:2000万円
コメント:今月は、新株予約権の売買で約350万円の損失を出したのが痛かったです。流動性がないのに、大きなポジションを抱えて、身動きが取れなくなりました。そのポジションは月末までに全て清算しました。
それ以外のトレード収益は、中旬に200万円強プラスになって、それが月末までに消えました。

Jトラスト新株予約権(85089)上場日の値動き

昨日は、Jトラストの新株予約権(85089)上場日でした。
新株予約権の市場価格が、理論価格(親株の株価-1800円)から、どれくらいディスカウントされるのか注目していたのですが、ほぼディスカウントなしの価格形成をしており、一時的に、理論価格よりも高くなる現象も見られました。
私は、これまでの、新株予約権の市場価格から、3割程度のディスカウントを予想していたので、この価格形成は、驚きでした。
考えられる理由として、
1 これまでライツオファリングを行った銘柄と比較して流動性が高いこと
2 親株のボラティリティが異常に高いため、新株予約権の時間的価値が評価されている
 
などが挙げられるかと思います。
個人的には、さやが開いてくれた方が投資機会があってうれしいのですが。。。
親株(8508)の日中足
8508
新株予約権(85089)の日中足
85089