カブドットコム証券→クリック証券へ移管完了

Pocket

メイン口座のカブドットコム証券からクリック証券へ移管が完了しました。
手数料を比較してみると、現物、信用、先物、オプションのすべての取引、すべての価格帯でクリック証券の方が手数料が安いです。
特に大きいのは、信用取引の手数料の違いで、現状では、信用取引の手数料を少なくとも月に5万円(売買回数50回分くらい)は払っているので、クリック証券では、これが5000円くらいになり、月に45000円は節約できそうです。
買方金利もクリックの方が0.88%低いので、買いポジションが平均1000万円だと仮定して、年間88000円くらいの節約になりそうです。
では、そうしてもっと早く移管しなかったかというと、慣れているものを変えるのが面倒だったからです。
面倒だという理由だけで、年間60万円超のコストを無駄に払っていたことになりますね(汗)
現物手数料
カブドットコム証券
(約定代金×0.09%+90円)×1.05 [上限3,874円]
クリック証券
~20万円 105円
~50万円 260円
~100万円 470円
~150万円 570円
~3,000万円 900円
3,000万円超 960円
信用手数料
カブドットコム証券
~500万円 483~1155円
500万円超  1260円
制度信用買方金利 2.98%
制度信用貸株料1.15%
クリック証券
~500万円 100円
500万円超  0円
制度信用買方金利 2.1%
制度信用貸株料1.1%
先物手数料
カブドットコム証券
ラージ 462円 
ミニ  48.3円
オプション 約定代金の0.21%最低手数料210円 
クリック証券 
ラージ 280円
ミニ   39円
オプション 約定代金の0.15%最低手数料210円 

Pocket

「成果をあげ続けている投資家の手法を大公開」

ebook250 投資家の中には期待以上の利益をあげる人がいれば、その反面、 無情にも成果をあげることができず、市場から撤退した人もいるのが現実です。

安定して勝ち続けるためにはリスクを最小限に抑え、 資産を増やす為の優位性が高い技術が必要ですが、

この技術を得るには成功している人の方法を学ぶことが近道です。

そこで今回実際に成果をあげ続けている投資家の手法を公開します。 この「投資ノウハウ大全」ではその成功者のノウハウをご紹介します。

・ふりーパパ氏 テクノファンダメンタル投資法
・夕凪氏   イベント投資法
・徳山秀樹氏 デイトレード
・avexfreak氏 四季報先回り買い
・斉藤正章氏 システムトレード
・JACK氏  IPO投資法

ぜひダウンロードして、お役立てください。

Comments

  1. カブドットコムがクリック証券より優れているところは、法人口座が開けることとCME先物があるところでしょうか。
    私はシンプレクス系のシステム(クリック証券、野村ネットなど)に鳴れてしまってそれ以外が使いにくく感じています。

  2. avexfreak says:

    kyさんおはようございます。
    CME先物だけはこれからもカブコムを使いそうです。
    普段使っていないシステムというのは使いにくいですよね。

Speak Your Mind

*