四季報銘柄のパフォーマンス

四季報銘柄のパフォーマンスを%で計算してみました。
ガンホー(3765)
653円→603円
▲9.2%
タケダ機械(6150)
212円→202.5円
▲4.5%
第一カッター(1716) 
1330円→1360円 
+2.3%
フィスコ(3807)
1100円→1490円
+35.5%
 
GDO(3319)  
206円→200円
▲2.9%
UMNファーマ(4585) 
2667円→2443円
▲8.4%
フィンテック(8789)
8310円→10240円
+23.2%
ニチリン(5184)
1111円→1090円
▲1.9%
北弘電社 (1734)
388円→575円
+48.2%
9銘柄の平均パフォーマンス
+9.14%
四季報投資の確定損益 +128万6600円
コメント:マザーズ指数が、月内に、一時15%程度下落するなど、非常に厳しい環境下であったことを考えると、平均パフォーマンス+9.14%はかなり善戦できた方ではないかと思っています。
 
第一カッター(1716)は金曜日に1360円で売却しました。15000円の利益。
本日は、年初高値更新銘柄の中から業績がいい中西製作所(5941)を1200円で購入しました。
現在のポジション
中西製作所(5941)@1200円 買い2000株

本日の売買 3/27

フィンテック(8789)は株式分割で、高い気配で始まったので104円で3万株利食い、後場100円で2万株利食いました。
合計96万5000円の利益。
GDO(3319)は、200円で損切りしました。
4万9400円の損失。
現在のポジション
第一カッター(1716)@1330円 買い500株 
ここまでの四季報投資の確定損益 +127万1600円

昨日の売買 3/26

タケダ機械(6150)を202.5円で損切りしました。
57000円の損失。  
現在のポジション
第一カッター(1716)@1330円 買い500株 
GDO(3319)@202円 買い5200株
        @213円 買い3000株
フィンテック(8789)@8310円買い500株       
ここまでの四季報投資の確定損益 +35万4000円

本日の売買 3/25

本日はニチリン(5184)を1090円で損切りしました。
42000円の損失。
フィンテック(8789)は昨日急騰したと思ったら、本日は急落するなど、なかなか値動きが激しく、売りのタイミングが難しいです。
現在のポジション
タケダ機械(6150) @212円  買い6000株
第一カッター(1716)@1330円 買い500株 
GDO(3319)@202円 買い5200株
        @213円 買い3000株
フィンテック(8789)@8310円買い500株
      
ここまでの四季報投資の確定損益 +41万1000円

フィンテックグローバル(8789)がストップ高

今日は、四季報銘柄のフィンテックグローバル(8789)がストップ高となりました。
すでに売却したフィスコ(3807)も+17.76%となるなど、四季報銘柄の活躍が目立ちました。
それにしても難解な相場ですね。
私は基本的に様子見スタンスです。
現在のポジション
タケダ機械(6150) @212円  買い6000株
第一カッター(1716)@1330円 買い500株 
GDO(3319)@202円 買い5200株
        @213円 買い3000株
フィンテック(8789)@8310円買い500株
ニチリン(5184)@1111円 買い2000株        
ここまでの四季報投資の確定損益 +45万3000円

急落相場

日経平均は、-1.46%とたいした下げではないのですが、私が見ている個別銘柄の多くは急落しています。
日経平均は、2月5日安値13995円まであと229円の余裕がありますが、
TOPIXは2月の暴落時の安値1,139.27まであと6ポイントのところまで下落していますし、
マザーズ指数は、終値ベースで今年の安値を更新しています。
そのため、日経平均よりも、個別株がかなり悲惨な状況になっています。
これだけ下げると、週明けに追証売りも出るかもしれません。
私の保有銘柄も5銘柄のうち3銘柄が含み損と状態になっていますが、フィンテックが逆行高したおかげで奇跡的に全体では含み益になっているのが救いです。
現在のポジション
タケダ機械(6150) @212円  買い6000株
第一カッター(1716)@1330円 買い500株 
GDO(3319)@202円 買い5200株
        @213円 買い3000株
フィンテック(8789)@8310円買い500株
ニチリン(5184)@1111円 買い2000株        
ここまでの四季報投資の確定損益 +45万3000円
現在の含み損益             +25万6100円
東証マザーズ指数の日足チャート
0320

本日の売買 3/19

昨日17%高と急騰したフィスコ(3807)が反落したので、平均1490円で利食いました。
39万円の利益。
相場はまだ少し乱高下してますが、ここまま落ち着いてほしいものです。
現在のポジション
タケダ機械(6150) @212円  買い3000株
        @212円  買い3000株
第一カッター(1716)@1330円 買い500株 
GDO(3319)@202円 買い5200株
        @213円 買い3000株
フィンテック(8789)@8310円買い500株
ニチリン(5184)@1112円 買い1000株
       @1110円 買い1000株 
ここまでの四季報投資の確定損益 +45万3000円

本日の売買 3/17

本日は、暴落後の戻りも鈍いようなので幅広い銘柄で損切りをしました。
若築建設(1888)は、133円で損切り、8万円の損失。
ガンホー(3765)は、603円で損切り、5万円の損失。
UMNファーマ(4585)は、平均2443円で損切り、44万8000円の損失。
一番たくさんポジションを保有している四季報発売日にあの暴落はきつかったです。
今回の四季報投資はトータルでプラスにできるか微妙なラインです。
現在のポジション
タケダ機械(6150) @212円  買い3000株
        @212円  買い3000株
第一カッター(1716)@1330円 買い500株 
フィスコ(3807)@1100円 買い1000株
GDO(3319)@202円 買い5200株
        @213円 買い3000株
フィンテック(8789)@8310円買い500株
ニチリン(5184)@1112円 買い1000株
       @1110円 買い1000株 
ここまでの四季報投資の確定損益 +63000円

四季報銘柄

明日発売の四季報の四季報銘柄及び注目銘柄を掲載します。
四季報銘柄9銘柄
ガンホー(3765)
タケダ機械(6150)
第一カッター(1716) 
フィスコ(3807)
GDO(3319)        
UMNファーマ(4585) 
フィンテック(8789)
ニチリン(5184)
北弘電社 (1734)
それ以外の注目銘柄10銘柄
サンコーテクノ(3435)
イクヨ(7273)
ニチダイ(6467)
ヤマックス(5285)
イントランス(3237)
KLab(3656)
新報国製鉄(5542)
バリューHR(6078)
大和小田急建設(1834)
若築建設(1888)
現在のポジション
若築建設(1888)@141円 買い1万株
ガンホー(3765)@653円 買い1000株
タケダ機械(6150) @212円  買い3000株
        @212円  買い3000株
第一カッター(1716)@1330円 買い500株 
フィスコ(3807)@1100円 買い1000株
GDO(3319)@202円 買い5200株
        @213円 買い3000株
UMNファーマ(4585)@2664円 買い1000株 
@2670円 買い1000株 
フィンテック(8789)@8310円買い500株
ニチリン(5184)@1112円 買い1000株
       @1110円 買い1000株 
3/14 加筆 
UMNファーマ(4585)の買い増し分が反映されていなかったため加筆しました。

本日の売買 3/12

今日相場は急落しましたが、先行きについてそれほど悲観はしていません。
今日も、1銘柄買い増ししました。
これで四季報銘柄の仕込みは完了です。
現在のポジション
若築建設(1888)@141円 買い1万株
四季報銘柄1 買い1000株
四季報銘柄2 買い6000株
四季報銘柄3 買い500株 
四季報銘柄4 買い1000株
四季報銘柄5 買い8200株
四季報銘柄6 買い2000株 
四季報銘柄7 買い500株 
四季報銘柄8 買い1000株→2000株
四季報銘柄9 買い0株