本日の売買 4/30

上方修正期待で三井住友フィナンシャルグループ(8316)を買ったのですが、月曜日ははずれでした。
寄付きで売却して、10万円の利益。なぜか50円も上で寄り付いたはラッキーでした。
今日も大引けで少し買って持越ししてみようかと思っています。
現在のポジション
小僧寿し第3回新株予約権(99739)@29円 買い1万個
佐藤渡辺(1807)@338円 買い3000株
佐藤渡辺(1807)@340円 買い4000株
日経平均Op 05プット13000@48円 買い10枚
日経平均Op 05プット12500 @24円 売り15枚

本日の売買 4/28

今日から権利行使期間入りした小僧寿し第3回新株予約権(99739)を買ってみました。
優待利回りの観点から、他のライツ銘柄よりも底堅い値動きを期待できるかなと思っています。
あとは上方修正期待で三井住友フィナンシャルグループ(8316)を買ってみました。
当たるかどうかあまり自信ないです。
現在のポジション
小僧寿し第3回新株予約権(99739)@29円 買い1万個
三井住友フィナンシャルグループ(8316)@3998円  買い2000株
佐藤渡辺(1807)@338円 買い3000株
佐藤渡辺(1807)@340円 買い4000株
日経平均Op 05プット13000@48円 買い10枚
日経平均Op 05プット12500 @24円 売り15枚

本日の売買 4/25

今日は、買い指値を出しておいた佐藤渡辺(1807)が340円で4000株約定していました。
道路関連では、東亜道路工業(1882)も大林道路(1896)もとても割安で、買い候補なのですが、佐藤渡辺の長期チャートがとても好きな形なので、この銘柄を買っています。
現在のポジション
佐藤渡辺(1807)@338円 買い3000株
佐藤渡辺(1807)@340円 買い4000株
日経平均Op 05プット13000@48円 買い10枚
日経平均Op 05プット12500 @24円 売り15枚
佐藤渡辺(1807)の週足チャート
1807

本日の売買 4/22

今日は、買い指値を出しておいた佐藤渡辺(1807)が338円で3000株約定していました。
小型株が下落しており、相場の雰囲気はいいとはいえないですね。
現在のポジション
佐藤渡辺(1807)@338円 買い3000株
日経平均Op 05プット13000@48円 買い10枚
日経平均Op 05プット12500 @24円 売り15枚

道路関連株

トレードをお休みしていても、適時開示だけは毎日見るようにしています。
最近の開示を見ていて感じるのは、道路株が絶好調だということです。
先週は、大林道路(1896)、今日は東亜道路(1882)などが上昇修正を発表し、かなり低PERになっています。
このあたりの銘柄群は、復興関連株、景気対策関連株、オリンピック関連株でもあるので、中長期的に注目していきたいと思っています。
今日も道路株に指値の買い注文を入れていましたが約定しませんでした。
このあたりで仕込んでおきたいと思っています。

退屈

常時トレードをしていると、トレードをしない時がとても退屈に感じてしまいます。
今週は、相場環境が悪いからトレードはしないと決めていたのに、退屈して、ちょっと見てみようと、見てみるとチャートがいい形とか言って、軽い気持ちで先物を買ってやられています。
今週は、何回か日中足の上放れ局面で先物買って、都度損切りしています。
こういう時は、自己嫌悪です。
1回5万円とか金額としては、たいしたことないのですが、なんでやらないって決めたのにやって、しかも損してるのと自己嫌悪になって、普通のトレード以上に精神的にダメージを受けています。
何もしないと決めて、その方針を守ることって結構難しいんですよね。
規律って言うのは簡単ですが、守るのは、ほんとうに難しいです。
何年やっても、トレードって、相場との戦いではなく、自分との戦いです。
でも、相場をずっとやっていると、普段の生活でも、感情とか、欲望とかを以前よりも、コントロールできるようになった気がします。
これは、トレードのメリットの1つかも。

本日の売買 4/10

佐藤渡辺(1807)を330円で売却しました。6000円のプラス。
330円に大きな買い板が出てたので、逆指値を入れておいたら約定していました。
一時は、40万円近い含み益があったのに、ほぼ同値撤退とは。とほほです。
5月SQ11500円~13000円で利益になるポジションをオプションで組んでおきました。
失効しても12万円なので、掛け捨ての保険料としては安いかなと。
現在のポジション
日経平均Op 05プット13000@48円 買い10枚
日経平均Op 05プット12500 @24円 売り15枚

相場の世界で長生きする方法

厳しい相場環境が続きますね。
最近は、ちょこちょこ手を出しても、すぐ損切りになるので、基本的に手を出さない方がいい局面なんだなと感じています。
株って、基本的には、みんなが儲かる難易度の低い相場で儲ければいいんだと思います。
下落局面などの厳しい相場環境で、みんな儲かっていない時に、儲けるのは難易度が高いです。
相当実力がないと無理です。それに向き不向きもあります。
私は、過去11年間で1億3000万円くらい儲けていますが、そのうちの8300万円は、2005年と2013年の2年の儲けです。あとの9年は取ったり取られたりで平均リターンは500万円/年くらい。
よくないのは、難易度が高い相場で儲ける実力がないのに、そのことに気がつかず、常に同じやり方でトレードしてしまうケース。
特に、相場がいい時に、勝った成功体験によって、自分なりの勝ち方を学習しまい、相場環境が変わった後も、やり続けるというのは危険なパターンです(信用取引で億超えをしたのにいってこいになるのはこのパターン)。
難しい相場環境で儲ける実力はないのだと悟って、トレードを極力控えるなど分相応のトレードを心がければ、相場の世界で長生きできます。
実力がない人にも2種類あって、自分に実力がないことに気づいている人と、気づいていない人です。
自分に実力がないことに気づいている人は、慎重に対応するので、破綻はしにくいです。
自分に実力がないことに気づいていない人は、根拠のない自信を持って挑むので、破綻しやすいです。
今年の相場環境って、明らかに去年と違って難易度が高い相場だと思います。
私は、こういう相場環境で儲ける実力はないと気づいているので、慎重に対応しています。
こういう相場の時って、あまり儲けようとしない方がいいという考えです。
去年の勝ちをどれだけ守れるかという勝負と捉え、損をしなければ、(何もしなくても)勝ちと考えていいと思っています。
そうして、資金を温存できれば、みんなが儲かる難易度の低い相場が来たら儲けることができます。
現在のポジション
佐藤渡辺(1807)@328円 買い3000株
          @330円買い8000株

佐藤渡辺(1807)が年初来高値更新

本日は、佐藤渡辺(1807)を330円で8000株買い増ししました。
その後、急騰し、終値では、前日比+10.61% の365円となりました。
いいタイミングで買い増しができてよかったです。
中西製作所(5941)は1120円で損切りしました。16万円の損失。
現在のポジション
佐藤渡辺(1807)@328円 買い3000株
          @330円買い8000株

本日の売買 4/2

本日は、道路関連の割安株である佐藤渡辺(1807)を3000株購入しました。
ここから、年初来高値351円を更新してくるようだと面白くなりそうな銘柄です。
現在のポジション
中西製作所(5941)@1200円 買い2000株
佐藤渡辺(1807)@328円 買い3000株