取らぬ狸の皮算用

先ほどの記事を読んで、それで儲かるの?と疑問を持たれた方もいると思うので、アコーディア(2131)TOBの損益計算をしてみました。

現物買い23700株と一般信用売り23700株で23700株をTOBに応募した場合の損益は以下となります。

両建ての建値X円、TOB終了後売却可能日の株価をY円、買取率αとすると、損益は、

(1400-X)×23700×α + (Y-X)×23700×(1-α) + (X-Y)×23700

=23700α(1400-Y)

となります。

(1400-X)×23700×α  は買い取られた株式の損益
(Y-X)×23700×(1-α) ははずれた株式の損益
(X-Y)×23700       は一般信用売りの損益

方程式をばらすと、建値Xは消えるため、残る変数は売却可能日の株価Yと買取率αとなります。

そして、買取率が高ければ高いほど利益は大きくなり、売却可能日の株価が1400円から下であれば下であるほど利益は大きくなる、ということになります。

もっとも、万一売却可能日の株価が1400円を超えると、損失が発生するということもわかります。

「avexfreak氏の3つの動画をお届けするメール講座(期間限定)」

ebook250 avexfreak氏は、会社勤めをしながら株式投資を行っています。 資金管理と投資法について研究を重ねて、 優位性が高い方法をいくつか構築しました。

直近10年間の成績をご覧ください。
2003年:300万円→2000万円(+560%)
2004年:2000万円→3000万円(+50%)
2005年:3000万円→7650万円(+155%)
2006年:8000万円→9300万円(+16%)
2007年:10300万円→9450万円(-8%)
2008年:9350万円→7900万円(-15%)
2009年:7900万円→8430万円(+6%)
2010年:8430万円→9190万円(+9%)
2011年:9000万円→10500万円(+16%)
2012年:10000万円→10820万円(+8%)
2013年:10000万円→13650万円(+36%)

資産を2003年から45倍以上にしています。 中でも、avexfreak氏が9年間以上使い続け、 2,000万円以上の利益を出している手法が、 「会社四季報の先回り買い」です。

下記のメール講座ではavexfreak氏の3つの動画をメール講座とともにお届けします。
各講座ではavexfreak氏が実践する手法の中から「会社四季報の先回り買い」と 「ブレイクアウト投資法」を ご紹介いたします。

配信期間は限られていますので、今すぐお申込ください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)