アコーディアのTOB結果

アコーディアのTOBの結果ですが、買取率57.15%となったようです。
みなし配当課税等が嫌気されたのか、かなり高めの数字となっています。

市場で株を購入してもTOBへの応募ができない8月28日(木)以降は株価が下落すると予想していましたが、ここまでは反発の値動きとなっており、かなり難解な値動きとなっています。
明日は下落を想定していますが、難解な案件となっており自信はありません。

一般的に上限ありのTOBではずれ株が戻ってくるケースでは以下のように売却可能日に大幅に下落するケースが多いです(買取率が100%の案件を除く)。

上限ありのTOBの売却可能日の株価推移(上限の低い自社株買いを除く)

東福製粉(2006)
平成26 年7月1日(火)~7月29日(火)
TOB価格 161円
買取率 64.3%
売却可能日前日終値 147
売却可能日終値    118

ゼロ(9028)
平成26 年5月16日(金)~6月12日(木)
TOB価格 830円
買取率 100%
売却可能日前日終値 674
売却可能日終値       683

シーエスロジネット(2710)
平成26 年3月31 日(月)~4月25 日(金)
TOB価格 350円
買取率 67.2%
売却可能日前日終値 220
売却可能日終値    185

日本コロムビア(6791)
平成26 年2月4 日(火)~3月18 日(火)
TOB価格 780円
買取率   100%
売却可能日前日終値 718
売却可能日終値    723

昭和飛行機(7404)
平成26 年1月31 日(金)~3月17 日(月)
TOB価格 1650円
買取率 58.9%
売却可能日前日終値 1,539
売却可能日終値    1,172

しかし、アコーディアの場合はTOB発表後も売り禁にならず、信用取引でヘッジを売りを入れることができ、またここまで高額逆日歩がつかない案件だったため、上記の案件と同じ状況とは言えません。
仮に、信用取引でヘッジが十分に入っていれば、株価がたいして下落しない可能性もありえます。

明日どういう株価になるのか注目です。

 

 

「avexfreak氏の3つの動画をお届けするメール講座(期間限定)」

ebook250 avexfreak氏は、会社勤めをしながら株式投資を行っています。 資金管理と投資法について研究を重ねて、 優位性が高い方法をいくつか構築しました。

直近10年間の成績をご覧ください。
2003年:300万円→2000万円(+560%)
2004年:2000万円→3000万円(+50%)
2005年:3000万円→7650万円(+155%)
2006年:8000万円→9300万円(+16%)
2007年:10300万円→9450万円(-8%)
2008年:9350万円→7900万円(-15%)
2009年:7900万円→8430万円(+6%)
2010年:8430万円→9190万円(+9%)
2011年:9000万円→10500万円(+16%)
2012年:10000万円→10820万円(+8%)
2013年:10000万円→13650万円(+36%)

資産を2003年から45倍以上にしています。 中でも、avexfreak氏が9年間以上使い続け、 2,000万円以上の利益を出している手法が、 「会社四季報の先回り買い」です。

下記のメール講座ではavexfreak氏の3つの動画をメール講座とともにお届けします。
各講座ではavexfreak氏が実践する手法の中から「会社四季報の先回り買い」と 「ブレイクアウト投資法」を ご紹介いたします。

配信期間は限られていますので、今すぐお申込ください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)