一般信用取引における売建玉期日繰り上げ処置

私は、TOB中の大陽日酸の両建てポジションを持っていたのですが、今朝カブドットコム証券から、「一般信用取引における売建玉期日繰り上げ処置に関するご案内 」というお知らせがきました。

「一般信用取引における売建玉期日繰り上げ処置に関するご案内
昨日(10/28)より「4091/大陽日酸」が貸借市場にて非常に調達困難な状況となり、マーケットへフェイル(決済不履行)となる恐れがあるため、不本意ながら以下にて期日繰上げとさせていただきます。
■期日繰上げ処置:本日(10/29)前場まで(後場以降、強制決済の対象となります)

何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
--------------------
※信用取引取扱規定第14条3項

下記は信用取引取扱規定第14条(決済指示)抜粋。

3.一般信用取引の建玉について、株券の調達が困難となった場合等は、一定の催告期間を設定(ただし、緊急かつやむを得ない事由がある場合は、催告期間を置かないことができることとします)した上で、当社が定める期日に変更できるものとします。」

お知らせ以外にも電話が2回あり、後場強制決済となるので、前場のうちに対応をお願いします。ということでした。

強制決済というケースがあることは聞いていましたが、当日連絡で、その日のうちに強制決済というケースもあるのですね。正直驚きました。

一般信用取引で株式の調達ができなくなるケースが生じることはやむを得ないと思いますが、仕事等ですぐに対応できない可能性を考えると、当日強制決済というのは、避けてもらいたいところです。

結局、ポジションは全て区クローズしましたが、今回の取引で損失はなかったのでよかったです。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)