河童で被爆

今日は、反落を警戒して様子見スタンスだったのですが。

全体相場とは関係のないTOBがらみの売買はいいかなと思い、寄付き前から、
カッパ・クリエイトホールディングス(7421)に1100円に3000株の買い指値を入れていました。

コロワイドが1株1048円でディスカウントTOBを発表したようで
10時に適時開示で公表する前にEDINETで発表されていて、それを見た投資家の売りで暴落。
ちょうど落ちている途中のナイフを素手でつかんだ形になってしまいました。

そして、10時に適時開示と同時に売買停止中という展開に。。。

15分間の売買停止が解除されたあとの寄り付きは1013円。。。
ここで損切りすれば、26万1000円の損失ですが、ディスカウントTOBの発表で損切りする投資家が多く安めの価格と考えたのでナンピン出動。
7000株購入。
これで平均取得単価1039円×1万株の保有に。

その後、安値986円まで下落。
含み損は一時53万円。。。

そのあとの戻り局面で、1029円で損切りして10万円の損失で許してもらいました。

会社が、適時開示で発表する前に、EDINETで発表をしていなければ、売買停止前に1100円の指値注文が約定することはなく、被爆もなかったはずなのですが。。。
まあ、こういうのは事故みたいなものなので、仕方がないですね。

 

 

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【12月6日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【12月10日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【12月13日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)