6月の成績

6月の成績を集計しました。

1月+335万円7475円
2月+168万2714円
3月+228万7725円
4月+33万2619円
5月+349万9875円
6月+541万5517円

合計+1657万円5925円

コメント:小型株優位の相場となり、四季報投資中心に利益を出せてよかったです。
過去を振り返ると、夏場は、あまりいい成績が残せない時期なので、ここからは数か月は守り重視で慎重にいきたいと思います。

全軍撤退

今日は、ギリシャショックで急落相場となりました。
戻り売りスタンスで持ち株を売る方針として、前場のうちに全て売却しました。
相場が落ち着くまで様子見します。

井筒屋(8260)は83円で売却、13万円の利益。
ベスト電器(8175)は152円で売却、5万円の損失。
西鉄(9031)は553円で売却、15万円の利益。
第一交通(9035)は同値の1300円で売却。

現在のポジション
なし

九州インバウンド関連銘柄(2)

九州インバウンド関連のベスト電器(8175)と第一交通(9035)を購入しました。

プットオプションは22万円の損失。
ポジションは解消していませんが、損失計上して表記から削除しました。

現在のポジション
西鉄(9031)@538円 買い1万株
井筒屋(8260)@70円 買い1万株
ベスト電器(8175)@157円 買い1万株
第一交通(9035)@1300円買い1000株

井筒屋(8260)が値上がり率1位に

昨日購入した井筒屋(8260)が +41.67% で値上がり率1位になりました。

今回はラッキーでした。

1万株だけなので放置しています。

 

九州インバウンド関連銘柄

明治日本の産業革命遺産が、世界遺産に正式決定される可能性が高まってきたようなので、九州インバウンド関連銘柄として、 西鉄(9031)と井筒屋(8260)を購入してみました。

現在のポジション
西鉄(9031)@538円 買い1万株
井筒屋(8260)@70円 買い1万株

19250円プット@85円買い10枚
18750円プット@43円売り20枚
18250円プット@23円買い10枚

トヨタ第1回AA型種類株式は税金に注意

トヨタ第1回AA型種類株式ですが、早速、野村證券で1000株申し込んでおきました。
担当者から聞いたところによるとかなり人気があるらしいです。

5年間で平均1.5%という利回りに、株式が大きく上昇した場合には普通株式に転換できる権利がついているわけですから、どう考えても有利な商品だと思います。

昨年トヨタが発行した債券の利回り(発行時)は7年債が0.382%ですから、元本保証ならこれ以下の利回りでもいいはずです。
また、普通株式に転換できる権利はオプションとしての価値があるので、この価値を考えると、配当なしでもいいくらいなはずです。
それが5年間で平均1.5%の配当があるというのは大盤振る舞いというほかない状態です。

もっとも、5年間譲渡できないこと、受取配当額が年間10万円を超えると所得税が総合課税になる点は、要注意です。

特にトヨタ第1回AA型種類株式は、非上場であることから、「上場株式等以外の配当」の課税に注意が必要です。

この点については、タックスアンサーに詳しく書かれています。

上場株式等以外の配当等の場合 、まず、20.42%(地方税なし)の税率により所得税及び復興特別所得税が源泉徴収されます(3 配当所得の源泉徴収 ご参照)。

そして、非上場株式の配当所得は、原則として確定申告の対象となり総合課税となります(4 税額の計算方法 ご参照)。

もっとも、確定申告不要制度というものがあり、年間配当額が10万円以下の場合は、確定申告をしないで、所得税については、源泉徴収だけで済ますことができるようです。
しかし、この場合でも、住民税は総合課税となります。

そのため、総合課税だと税率が高い方は特に注意が必要です。

ジャンピングキャッチ

昨晩20時頃に先物を売り建てしていたのですが、逆指値を入れておいたところ、朝までの最高値20260円でジャンピングキャッチをしてしまったようです。

週に2回も最高値でジャンピングキャッチしてしまう逆指値設定のセンスのなさに泣けてきます

オプションは全部失効した場合22万円の損失となるポジションを建てておきました。

現在のポジション
19250円プット買い10枚@85円
18750円プット売り20枚@43円
18250円プット買い10枚@23円

本日の売買6/16

昨夜から先物ミニの売り玉を持っていたので、指数が下げていてよしよしと思ったら、ポジションなしになっていてがっかり。

逆指値を入れていたのが、20360円でちょうど今日の高値でした。

よくあることとはいえ、悲しいです。
相場は少し調整しそうな気がしているので、今週は様子見スタンスです。

 

本日の売買6/15

ヤマウ(5284)は640円で売却、36万円の利益。
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(6085)は中期保有してみようと思い現引きしました。
59500円の利益。
今回は、小型株に追い風が吹いていたため、四季報投資には好環境でした。
今回から、持ったままというやり方から、途中で、売買する方法に変えたのですが、この方が長い時間ホールドするのが苦手な私の性格には合っている気がしました。

現在のポジション
なし

四季報投資の確定損益 +270万4100円

本日の売買6/12

四季報銘柄は、今週かなり上昇してくれたので、買いポジションを大幅に減らしました。

トミタ (8147)は800円で損切り、8万1000円の損失
ヨシコン(5280)は1200円で売却、3万円の利益
本州化学工業(4115)は1441円で売却、13万3000円の利益。
アクシーズ(1381)は2200円で売却、2万8000円の利益。
バイテック(9957)は1400円で売却、9万3000円の利益。
高松機械工業(6155)は1340円で売却、51万9000円の利益。
ヤマウ(5284)は620円で3000株売却、30万円の利益。
テクマトリックス(3762)は920円で売却、16万5000円の利益。

現在のポジション
ヤマウ(5284)@520円買い3000株
アーキテクツ・スタジオ・ジャパン(6085)@2702円買い500株

四季報投資の確定損益 +228万4600円