配当利回りに注目

12日に発売される四季報では、2017年3月期の業績予想が掲載されるので、2017年3月期予想のいい銘柄に特に注目したいと思います。

また、最近はROEなどを意識して、配当や自社株買いなどの株主還元に力を入れる企業が増えているため、配当利回りが高い銘柄も増えてきています。

そこで、2017年3月期の業績のみならず、配当予想金額にも注目したいと思います。

四季報オンラインでスクリーニングしてみると、本日時点で、来期予想配当利回りが5%以上の銘柄は4銘柄、4%以上の銘柄は24銘柄もあります。
ここ数週間は、配当銘柄には物色の流れが来ていませんが、そのため配当利回りが直近で上昇傾向にあり、四季報発売後は好業績銘柄に加えてこれらの銘柄群にも注目が集まるのではないかと期待しています。

そうした銘柄の中から、今日は急落した四季報銘柄1を347円で2万株買い増ししました。

現在のポジション
四季報銘柄1 買い5万株
四季報銘柄3 買い3000株
四季報銘柄5 買い6000株
四季報銘柄6 買い2000株
四季報銘柄7 買い1000株
四季報銘柄11 買い4000株
四季報銘柄12 買い1000株
四季報銘柄13 買い500株
テクマトリックス(3762)@865円 買い3000株
トミタ (8147) @820.7円 買い3000株

四季報投資の確定損益 +122万2600円

「avexfreak氏の3つの動画をお届けするメール講座(期間限定)」

ebook250 avexfreak氏は、会社勤めをしながら株式投資を行っています。 資金管理と投資法について研究を重ねて、 優位性が高い方法をいくつか構築しました。

直近10年間の成績をご覧ください。
2003年:300万円→2000万円(+560%)
2004年:2000万円→3000万円(+50%)
2005年:3000万円→7650万円(+155%)
2006年:8000万円→9300万円(+16%)
2007年:10300万円→9450万円(-8%)
2008年:9350万円→7900万円(-15%)
2009年:7900万円→8430万円(+6%)
2010年:8430万円→9190万円(+9%)
2011年:9000万円→10500万円(+16%)
2012年:10000万円→10820万円(+8%)
2013年:10000万円→13650万円(+36%)

資産を2003年から45倍以上にしています。 中でも、avexfreak氏が9年間以上使い続け、 2,000万円以上の利益を出している手法が、 「会社四季報の先回り買い」です。

下記のメール講座ではavexfreak氏の3つの動画をメール講座とともにお届けします。
各講座ではavexfreak氏が実践する手法の中から「会社四季報の先回り買い」と 「ブレイクアウト投資法」を ご紹介いたします。

配信期間は限られていますので、今すぐお申込ください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)