がっちりガードモード

今日の相場を見ていると、おそらく6月24日の日経平均高値20,952.71が今年の高値で、今は坂道を下りている途中なのでしょう。
私は7月に2012年11月に始まったアベノミクス相場が終了の可能性大と考えて、長期ポジションを整理し、そこからは積極的に買いポジションを取らないようにしてきました。
今月から四季報投資をスタートさせたばかりだったので、多少は被爆していますが、現在の買いポジションは資金の2%強で影響は軽微です。

ここまで上昇相場が長く続いたので、押し目買い、急落買い、ナンピン買い、とにかく下げたところで買っておけば儲かる相場だったので、同じように反応してしまいがちです。
しかし、上昇相場が終了したのだとすれば、同じやり方を続けていると、雪だるま式に損失を発生させることになります。
もし、相場環境が変わってしまったのであれば、戦略をスイッチする必要があります。
本当は売り戦略に転換できればいいのですが、少なくとも、ここまでのイケイケモードから、がっちりガードモードに切り替えておいた方がいいと考えています。
すぐに戦略や気持ちの切り替えをするのが難しいのであれば、休息も選択肢だと思います。

現在のポジション
四季報銘柄1 1000株
四季報銘柄3 1000株
四季報銘柄5 1000株

四季報投資の損益 +35万7000円

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)