リバウンド局面でやってしまいがちな失敗

月曜日のセリングクライマックスで、暴落第1幕は終了とみてよさそうですね。
私は火曜日の前場のリバウンド初動を取れたので、その後のリバウンド局面は静観しています。

過去の暴落時の経験から言うと、リバウンド局面って結構失敗しやすい局面だったりします。

私が過去にやった主な失敗を挙げると、

1 もう十分戻ったと売りで入る→損切り→売りで入る→損切りのループにはまる。

2 プットオプション暴騰の旨味を目撃しているので、リバウンド局面継続中にプットを買う。→ボラが低下して大きな含み損を抱える→ナンピンする→さらに含み損が大きくなる

3 指数上昇を見越してコールオプションを買う→予測通り指数が上昇してもボラ低下で全然儲からない
今日は四季報オンラインの更新集中日でいい銘柄もたくさんあったのですが、リバウンドの急騰と重なってしまい、全く買えませんでした。
とりあえず、今週はずっと睡眠不足なので、夜ゆっくり眠れることがうれしいです。
皆様、お疲れ様でした。

現在のポジション
なし

「avexfreak氏の3つの動画をお届けするメール講座(期間限定)」

ebook250 avexfreak氏は、会社勤めをしながら株式投資を行っています。 資金管理と投資法について研究を重ねて、 優位性が高い方法をいくつか構築しました。

直近10年間の成績をご覧ください。
2003年:300万円→2000万円(+560%)
2004年:2000万円→3000万円(+50%)
2005年:3000万円→7650万円(+155%)
2006年:8000万円→9300万円(+16%)
2007年:10300万円→9450万円(-8%)
2008年:9350万円→7900万円(-15%)
2009年:7900万円→8430万円(+6%)
2010年:8430万円→9190万円(+9%)
2011年:9000万円→10500万円(+16%)
2012年:10000万円→10820万円(+8%)
2013年:10000万円→13650万円(+36%)

資産を2003年から45倍以上にしています。 中でも、avexfreak氏が9年間以上使い続け、 2,000万円以上の利益を出している手法が、 「会社四季報の先回り買い」です。

下記のメール講座ではavexfreak氏の3つの動画をメール講座とともにお届けします。
各講座ではavexfreak氏が実践する手法の中から「会社四季報の先回り買い」と 「ブレイクアウト投資法」を ご紹介いたします。

配信期間は限られていますので、今すぐお申込ください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)