逆張り指標

(1)信用評価損益率
2014年2月4日 松井証券の信用評価損益率(買い)-16.179
2015年8月24日松井証券の信用評価損益率(買い) -17.029
2015年8月25日松井証券の信用評価損益率(買い)-18.867

☆20を超えると底値圏を意識

(2)日経平均の25日移動平均乖離率
2014年2月4日 -10.0%
2015年8月24日-9.2%
2015年8月25日-12.2%

☆10%を超えると底値圏

(3)新安値銘柄数(東証1部)
2014年2月4日 96銘柄
2015年8月24日 527銘柄
2015年8月25日 833銘柄

☆平時では300~500あたりで底値圏

(4)25日移動平均線からのマイナス乖離25%以上の銘柄数
2014年2月4日 145銘柄
2015年8月24日 214銘柄
2015年8月25日 361銘柄

(5)VIX指数
2014年2月4日 21.44
2015年8月24日28.03
2015年8月25日40.74

☆30を超えると危機モード突入。

昨日からですが、2011年以来の危機モード入りとなっています。

「1990年以降、終値ベースで見てVIX指数が40ポイントを上回ったのは過去6度のケースしかない。ロシア危機の1998年9・10月、米同時多発攻撃の2001年9月、ワールドコム破綻の02年7・8月、リーマン・ショックの08─09年、ギリシャ危機の10年5月、米国債格下げの11年8・10月」(四季報オンラインから引用)

昨夜は18500円台までリバウンドしたのですが、5:55現在シカゴの円建ては17730円。
昨日の場中に続いて2回目の行って来いとなっています。
昨日のリバウンドで上値にしこりができたと思うので、今日は逆張り買いはしないでスルーします。

 

「avexfreak氏の3つの動画をお届けするメール講座(期間限定)」

ebook250 avexfreak氏は、会社勤めをしながら株式投資を行っています。 資金管理と投資法について研究を重ねて、 優位性が高い方法をいくつか構築しました。

直近10年間の成績をご覧ください。
2003年:300万円→2000万円(+560%)
2004年:2000万円→3000万円(+50%)
2005年:3000万円→7650万円(+155%)
2006年:8000万円→9300万円(+16%)
2007年:10300万円→9450万円(-8%)
2008年:9350万円→7900万円(-15%)
2009年:7900万円→8430万円(+6%)
2010年:8430万円→9190万円(+9%)
2011年:9000万円→10500万円(+16%)
2012年:10000万円→10820万円(+8%)
2013年:10000万円→13650万円(+36%)

資産を2003年から45倍以上にしています。 中でも、avexfreak氏が9年間以上使い続け、 2,000万円以上の利益を出している手法が、 「会社四季報の先回り買い」です。

下記のメール講座ではavexfreak氏の3つの動画をメール講座とともにお届けします。
各講座ではavexfreak氏が実践する手法の中から「会社四季報の先回り買い」と 「ブレイクアウト投資法」を ご紹介いたします。

配信期間は限られていますので、今すぐお申込ください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)