逆張り指標 9/4

(1)信用評価損益率
2015年8月25日松井証券の信用評価損益率(買い)-18.867
2015年9月4日松井証券の信用評価損益率(買い)-16.339

☆20を超えると底値圏を意識

(2)日経平均の25日移動平均乖離率
2015年8月25日-12.2%
2015年9月4日-9.3%

☆10%を超えると底値圏

(3)新安値銘柄数(東証1部)
2015年8月25日 833銘柄
2015年9月4日  173銘柄

☆平時では300~500あたりで底値圏

(4)25日移動平均線からのマイナス乖離25%以上の銘柄数
2015年8月25日 361銘柄
2015年9月4日 8銘柄

(5)VIX指数
2015年8月25日40.74
2015年9月4日 25.61
☆30を超えると危機モード突入。

コメント:逆張り指標的には、まだ買い場ではありません。
リーマンショック以来の暴落相場になる可能性もあるので、中途半端な水準で買わないようにしたいと思います。
リーマンショックと同じ値幅であれば、なんとか耐えられそうですが、同じ下落率だときついです。

(参照データ)リーマンショック時の下落幅と下落率

2008年9月12日 12,214.76 →2008年10月27日 7,162.9

下落幅 5052円
下落率 41.4%

8月11日高値20946円を起点として、リーマンショックと同じ下落幅だと、15894円。
8月11日高値20946円を起点として、リーマンショックと同じ下落幅だと、12282円。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)