飲食優待株に注目

郵政上場は、大成功に終わり、個人投資家の懐は温かくなっていると思われます。
今後、その資金がどこに向かうかが焦点になりますが、個人投資家が好みそうな銘柄群を考えると、ベタな解答ですが、飲食優待銘柄などに資金が回ってくるタイミングがあるように思います。

特に、これから権利取りを迎える飲食優待銘柄はマークしておきたいと思います。

12月飲食優待の主な銘柄
日本マクドナルド(2702)
すかいらーく(3197)
三光マーケティングフーズ(2762)
ロイヤルホールディングス(8179)
きちり(3082)
ホットランド (3196)
チムニー(3178)
ダイナック (2675)
物語コーポレーション (3097)
ジョイフル (9942)

今日は、優待利回りの水準が6%(分割後)を超えているため注目していたクリエイト・レストランツ・ホールディングス (3387)を買ってみました。

現在のポジション
クリエイト・レストランツ・ホールディングス (3387)@2985円 買い1000株

「avexfreak氏の3つの動画をお届けするメール講座(期間限定)」

ebook250 avexfreak氏は、会社勤めをしながら株式投資を行っています。 資金管理と投資法について研究を重ねて、 優位性が高い方法をいくつか構築しました。

直近10年間の成績をご覧ください。
2003年:300万円→2000万円(+560%)
2004年:2000万円→3000万円(+50%)
2005年:3000万円→7650万円(+155%)
2006年:8000万円→9300万円(+16%)
2007年:10300万円→9450万円(-8%)
2008年:9350万円→7900万円(-15%)
2009年:7900万円→8430万円(+6%)
2010年:8430万円→9190万円(+9%)
2011年:9000万円→10500万円(+16%)
2012年:10000万円→10820万円(+8%)
2013年:10000万円→13650万円(+36%)

資産を2003年から45倍以上にしています。 中でも、avexfreak氏が9年間以上使い続け、 2,000万円以上の利益を出している手法が、 「会社四季報の先回り買い」です。

下記のメール講座ではavexfreak氏の3つの動画をメール講座とともにお届けします。
各講座ではavexfreak氏が実践する手法の中から「会社四季報の先回り買い」と 「ブレイクアウト投資法」を ご紹介いたします。

配信期間は限られていますので、今すぐお申込ください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)