任天堂祭り

任天堂の「ポケモンGO」が公開4日で売上14億円突破というニュースが流れてきたので、任天堂祭りに参加してみました。
LINE祭りよりはこちらの方が面白そうかなと飛び乗ってみました。
びびりなので買値割れたらすぐ撤退します。

 

7974 

 

 

あなたが投げた、そこが底。

典型的な、「あなたが投げた、そこが底。」という展開に。

ヤマハ(7272)は、金曜日買った5000株とその前から持ってた現物株を金曜日に1420円で損切り。
今日は、+4.35%高の1,488 +62

日本航空電子工業(6807)は、信用分を現物分に切り替えてましたが、金曜日に一部1300円で損切り。
今日は、+4.68% 高の1,364 +61

2週間近く買ったり売ったりしながら、含み損に耐えたところで、SQの寄り天で心が折れて、金曜日にポジションを減らしたら、そこが底でした。

日本航空電子工業(6807)の現物株は大きく上昇しない限り、TOB応募の予定なので放置です。

この2銘柄については、買ったことがダメだったとは思いませんが、株価が下落するほど期待値があがる銘柄は損切りしずらいため対応が難しいと痛感しました。

三大地獄

TOB予定の日新製鋼(5413)と日本航空電子工業 (6807)、日経平均採用の可能性があるヤマハ発動機(7272)、この3銘柄が蟻地獄のように下げるので、今月は大損しています。
この3銘柄の悲惨さは、想像を絶します。

めずらしく指数よりも強いヤマハ発動機(7272)を5000株買ってみましたが、そこから円高進行で指数が200円下げてやっぱり撃沈。1420円で損切り。10万円の損失。

現物保有分のマイナスもあり、今月の収支はすでにマイナス500万円超え。
早くも、今月の収支プラ転は諦めました。

現在のポジション
日本航空電子工業 (6807)@1308円買い25000株→スイングを諦めてTOB応募用の現物保有に切り替えたので来週から表記から消します。TOB終了後にトータル収支は報告します。

234万円の損失

後場寄付きで、日本航空電子工業 (6807)を損切りして買いなおす損出しクロスをしました。
234万円の損失。
損出しクロスをすると含み損が解消されて、心理的に楽になるというだけでそれ以上の意味はありません。

安値圏でクロスしたはずなのに、早速含み損なのはどうしたことでしょう(汗)

現在のポジション
日本航空電子工業 (6807)@1308円買い25000株

本日の売買 7/6

ヤマハ発動機(7272)を1425円で損切り、20万円の損失。
日本航空電子工業 (6807)を1304円で5000株買い増し。

相場環境が悪すぎるので、LINEのブックはキャンセルしました。
いつもであれば、完全様子見で次の急落待ちをするところですが、今は含み損のポジションがあるので、精神的に負荷がかかってしんどいです。
やっぱり、私は中期のポジションって苦手なんですよね。

現在のポジション
日本航空電子工業 (6807)@1401.85円買い2.5万株

LINE(3938)のブック数を修正

昨日、LINEが、株式の公開価格の仮条件を従来の2700~3200円から2900~3300円に引き上げました。

ただでさえ、微妙な案件だったのですが、先日の延期といい、今回の引き上げといい、あまりにもガメツイ態度に嫌気がさしたので、ブックを1万株から1000株に減らしました。
1000株だけブック残していますが、正直いらないです。

現在のポジション
日本航空電子工業 (6807)@1426円買い2万株
ヤマハ発動機(7272)@1505円買い2500株

金貨錬金術を見つけた話!?

今日は、株に関係がない話です。

先日テレビのクイズで1万円札が破れてしまって半分だけになったら5000円に替えてもらえる〇か×かというクイズをやっていました。

答えは〇で面積が5分の2以上残っていれば、5000円に替えてもらえるそうです。

それを聞いた私が思ったのは、1万円札2枚をそれぞれ5分の2、5分の2、5分の1の3つに切断して、5分の1の2つは貼り付けたら、5分の2が3枚できるから、2万円が3万円になるんじゃないの?ということでした。

調べてみると、日銀のHPに「日本銀行が行う損傷現金の引換えについて」というコーナーがありました。

以下引用。

(1)銀行券

表裏の両面が具備されている銀行券を対象とします。 具体的な引換基準 は以下のとおりです。

イ.
券面の3分の2以上が残存するもの
額面価格の全額をもって引換えます。

ロ.
券面の5分の2以上3分の2未満が残存するもの
額面価格の半額をもって引換えます。額面価格の半額に一円未満の端数がある場合には、これを切り捨てます。

なお、銀行券の紙片が2以上ある場合において、当該各紙片が同一の銀行券の紙片であると認められるときは、当該各紙片の面積を合計した面積をその券面の残存面積として、上記の基準を適用します。

引用終わり。
換金してもらうためには、「同一の銀行券の紙片」でないというけないようで、別々の紙幣の5分の1を2つ張り合わせても、5000円にはならないようです。
当たり前と言えば当たり前ですが、一瞬で現金を1.5倍にする錬金術は使用不可でした。

私は、それだけでは諦めません。

同じ、日銀のHPに気になる記述を見つけました。

以下引用。

(2)貨幣

模様の認識ができる貨幣を対象とします。具体的な引換基準は以下のとおりです。ただし、災害その他やむを得ない事由により量目が減少した貨幣については、以下の基準にかかわらず、模様の認識ができることを条件に額面価格の全額をもって引換えます。

イ.
金貨
量目の98%以上のものについて、額面価格の全額をもって引換えます。

ロ.
金貨以外の貨幣
量目の2分の1を超えるものについて、額面価格の全額をもって引換えます。

引用終わり。

金貨は98%で額面価格に交換してくれるそうです。
日銀太っ腹ですね。

ということは、10万円金貨を1億円分購入して、レーザーで2%だけ削って、銀行に持っていくと、また1億円分の金貨になるってことです。
これを無限に繰り返せば、削った2%の金がどんどん貯まって、お金を無限に増やせますね。
すごい錬金術見つけた!!と思ったのですが、これには落とし穴がありました。

貨幣損傷等取締法という法律があって、「貨幣は、これを損傷し又は鋳つぶしてはならない。」と定められており、違反した場合は「1年以下の懲役又は20万円以下の罰金」と厳しい処罰の対象なってしまいます。

つまり、2%レーザーで削った金貨を銀行に持ち込んだら、おそらく即座に銀行から警察に通報されて、警察署に連行されてしまいます(汗)

紙幣を破ってはいけないという法律はないようですが、貨幣(コイン)は傷つけてはいけないんだそうです。

そのため、金貨錬金術は使えないようです。残念。

 

6月の成績

6月の成績を集計しました。

1月+41万6172円
2月+192万0400円
3月+163万2789円
4月+157万5553円
5月+299万3782円
6月+289万877円

年間+1142万9573円

コメント:今月は、前半は四季報投資で、後半は日本航空電子の売買で利益を出せました。
難しい相場環境ですが、自分ができることだけに集中できたのはよかったと思います。