9月の成績

9月の成績を集計しました。

1月+41万6172円
2月+192万0400円
3月+163万2789円
4月+157万5553円
5月+299万3782円
6月+289万877円
7月▲242万7828円
8月+120万6545円
9月+466万6188円

年間+1487万4397円

コメント:今月は、小野薬品とリクルートの売出、四季報銘柄の売買で利益をあげることができました。
現在の相場水準ではあまり買いたくないので、相場の調整を待ちたいと思っています。

空売りの注文が失効

昨夜、ヒューリックリート(3295)の両建てを持っておこうと考えて、 カブドットコムで指値で80株の一般信用売り注文を入れました。
抽選倍率は1倍以下だったので、そのまま全部注文が通る状況だったのですが、買い注文を出す余力がないことに気がついて、80株を30株に変更。合わせて、50単位以下になったので、指値を成行注文に変更しました。

これと制度信用の買い成行注文を入れて、30株の両建てになるはずだったのですが、寄り付き前に注文を見ると、一般信用売りの注文が失効して、買い注文だけになっていました。

注文約定照会を見ると、「空売符号エラー 」と記載されています。

なんじゃこれと思って、調べてみると、カブドットコムに以下のQAがありました。

「Q 51単元以上の空売り注文を指値で出していましたが、抽選により50単元未満の株数になったため執行条件を成行に変えたところ注文が失効されました。なぜですか。」

「A 51単元以上の信用新規売り注文は、その後、株数変更や抽選により、残注文株数が51単元未満になった場合でも、51単元以上の信用新規売り注文(価格規制ありの信用新規売り注文)として取扱われます。
50単元未満の空売り注文として注文を発注されたい場合には、ご自身での株数変更であれば一度注文を取消いただき再発注をお願いいたします。
抽選により株数が減った場合には注文取消しをされますと再発注ができない可能性がございますので(株数不足のため)トリガー抵触とならない指値の範囲内で執行条件をご変更ください。」

これは知りませんでした。
危うく買い注文だけ執行されるところでした(今日のヒューリックリートに関してはそれでもよかったのですが)。
株数変更して成行注文出す時は要注意です。

9月末優待取り

カブドットコムの一般信用で以下の優待を取りました。
ちなみに、人気銘柄は数週間前から確保していました。

MISAWA (1722)
ソネック (1768)
植木組 (1867)
アコーディア (2131)
中広 (2139)
あらた (2733)
ミツコシイセタン(3099)
八洲電機 (3153)
オープンハウス (3288)
トリドール (3397)
インテージHD (4326)
東邦システム (4333)
ファルコHD (4671)
ユー・エス・エス (4732)
パラカ (4809)
長谷川香 (4958)
平和 (6412)
エレコム (6750)
FPG (7148)
第一興商 (7458)
ゼンショーHD (7550)
モスフード (8153)
木曽路 (8160)
平和不 (8803)
JAL (9201)
ANA (9202)
近鉄エクス (9375)
AOIPro. (9607)
共立メンテ (9616)
ヤマダ電 (9831)
オートバクス (9832)
サガミチェン (9900)

今後の投資案件

とりあえず四季報先回り投資とリクルートの売出が無事に終わってほっとしているところです。

ここから先の年内案件の投資としては、10月のJR九州、11月実施予定の航空電子のTOB、12月の四季報先回りと続きます。
JR九州は、昨年の郵政上場と同じ野村、三菱コンビ。私が得意としている2社が主幹事なので、しっかりと取りたいです。
航空電子については、9月、10月の安いところで現物を仕込んでおきたいと思っているのですが、安い場面がなかなか来ないので全く仕込めていません。

デジタルアイデンティティ (6533)ストップ高

金曜日に3000株売却したデジタルアイデンティティ (6533)がストップ高。。。
こういうことには頻繁に遭遇するので、仕方がないですが、今月は早売りをしすぎて収益を逃すことが多いです。
2000円台で売却したチャーム・ケア・コーポレーション(6062)とかヤーマン(6630)とか。

今年は、含み益となっている銘柄の含み益を伸ばそうと、頑張ると、すぐに失速して利益が消滅という展開が多かったので、意識的に利食いのタイミングを早くしているのですが、今月はそれが裏目になっています。
時間軸を調整するかどうかはもう少しトレードの感触を見ながら判断したいと思います。

ポケモンGOプラスとiPhone 7‎

今日が発売日のポケモンGOプラスとiPhone 7を両方購入しました。

iPhone 7は、人気のブラックではないからか、今週月曜日にau オンラインで申し込んだら、今日の午前中には配達されました。
意外に簡単に発売日ゲットできました。

ポケモンGOプラスは、ポケモンセンターオンラインで発売開始の7時から頑張って8時頃にやっと繋がってゲットできました。
そんなことしなくても、アマゾンで買えば余裕だったみたいです。

小田原エンジニアリング(6149)は同値撤退。
デジタルアイデンティティ (6533)は2642円で売却して51万9000円の利益。

現在のポジション
なし

四季報投資の確定損益
+77万2500円

四季報銘柄

以下の10銘柄を四季報銘柄にしました。
10銘柄のうち3銘柄が四季報発売を待たずにに50%以上値上がりするなど最近では一番好調でした。

四季報銘柄1(8/18)
チャーム・ケア・コーポレーション(6062)

四季報銘柄2(8/25)
クリエートメディック(5187)

四季報銘柄3(8/25)
日本社宅サービス(8945)

四季報銘柄4(9/1)
日本色材工業研究所(4920)

四季報銘柄5(9/1)
シーアールイー(3458)

四季報銘柄6(9/1)
スターフライヤー(9206)

四季報銘柄7(9/1)
小田原エンジニアリング(6149)

四季報銘柄8(9/1)
日東精工(5957)

四季報銘柄9(9/1)
ユニマットリタイアメント・コミュニティ(9707)

四季報銘柄10(9/1)
ヤーマン(6630)

現在のポジション
小田原エンジニアリング(6149)@1170円 買い1000株
デジタルアイデンティティ (6533)@2469円 買い3000株

四季報銘柄の売買
ヤーマン 2280円買い→2570円売り(+145000円)
チャーム・ケア・コーポレーション 2367円買い→2952.5円売り(+585500円)
日本社宅サービス(8945) 929円買い→961円売り(+32000円)
日東精工(5957)355円 買い→357円売り(+10000円)

四季報投資の確定損益
+77万2500円

本日の売買 9/14

ブイ・テクノロジー(7717)は9800円で損切り、22000円の損失。
四季報銘柄を1銘柄購入しました。

現在のポジション
四季報銘柄 1銘柄

四季報投資の確定損益
+76万2500円

リクルート配分

リクルートは14000株配分がありました。
あと、ブイ・テクノロジー(7717)の1万円割れを拾ってみました。
四季報銘柄は売却しました。32000円の利益。

現在のポジション
ブイ・テクノロジー(7717)@9910円買い200株

四季報投資の確定損益
+76万2500円

ロングバタフライ

先週金曜日のSQまでプットオプションを買い持ちして失効させたばかりなのですが、このタイミングで急落来るんですね。。。
再度、プットオプションをロングバタフライにして仕込みました。
先に15250プットと14250プットを買ってから、14750のプットを55円の売り指値で30分くらい粘っていいところで組めました(本当は成行で建てた方いいのかもしれませんが、50円と55円では1ティックで10万円違ってくるのでつい粘ってしまいます)。

日経平均Op 10プット15250 @90円買い10枚
日経平均Op 10プット14750 @55円売り20枚
日経平均Op 10プット14250 @29円買い10枚

現在のポジション
四季報銘柄 1銘柄