私の逆張り買いスタンス

私の投資スタンスは基本順張りです。
例外的に、逆張り買いをするのは、しっかりとした支持線で反発のパターンとなった場合や、暴落時のシグナルが出た時くらいです。

暴落時の逆張り買いシグナルは、滅多に点灯しませんが、点灯したときの買いには優位性があると考えています。
そのため、私は、暴落時の逆張り買いは、裁量ではなく、シグナルが出た時だけ売買しています。
今回のように点灯まであと少しというところでリバウンドしてしまうことも多いですが、だからといって昨日買っておけばよかったとは考えません。
シグナルに従って売買しようとしているトレーダーが、シグナルが点灯しなかったのに、裁量で買っておけばよかったという思考は危険です。
その考えは、シグナルを無視しておけばよかったという意味になるからです。
シグナルが出ていないから、シグナルに従って買わなかったのですから、むしろ自分を誉めてあげるべきです。

今日のように、ノーポジションで急騰を眺めるだけになることもありますが、シグナルに従って売買するというのはそういうものなので仕方がないと思っています。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)