逆張り買い指標 1/20

(1)信用評価損益率 <b>底値圏に接近</b>
2015年8月25日松井証券の信用評価損益率(買い)-18.867
2016年1月20日松井証券の信用評価損益率(買い)-19.052

☆20を超えると底値圏を意識

(2)日経平均の25日移動平均乖離率  <b>買いシグナル点灯</b>
2015年8月25日-12.2%
2016年1月20日ー10.1%

☆10%を超えると底値圏

(3)新安値銘柄数(東証1部) <b>底値圏に到達</b>
2015年8月25日 833銘柄
2016年1月20日 439銘柄

☆平時では300~500あたりで底値圏

(4)25日移動平均線からのマイナス乖離25%以上の銘柄数
2015年8月25日 361銘柄
2016年1月20日 40銘柄

(5)VIX指数
2015年8月25日40.74
2016年1月20日 26.05
☆30を超えると危機モード突入。

コメント:指数の25日移動平均線乖離率、信用評価損益率、新安値銘柄数は買い場を示唆しています。
もっとも、マイナス乖離25%以上の銘柄数を見ると、個別株の投げが少ない印象です。
明日、個別株の投げが出れば買い場到来になりそうです。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)