先物ナンピンの中毒性

先物を17300円と17100円で買って、安値圏を耐えた後に、17200円までリバウンドしたところで売却。
自分でやっていて先物ナンピンで負ける理由がよく分かりました。

急落の途中で買って、含み損に耐えしのんだあとに同値まで戻ると売却したくなりますよね?
ナンピンした後で同値で撤退という取引は、同値でいいやと思った時点で、利益になる可能性は0
一方で、損失の可能性は、ポジションが膨らんでいる分当初の倍(同数ナンピンの場合)。

こつこつどかーん。ではなく、この取引は、0、0、ドカーン。
0で逃げれることも多いけど、逃げれない時は大損します。
利無損大ですので、トレードで目指すべき損小利大の正反対の取引です。

こういう取引を繰り返すと、いつか身の破滅を向かえます。
ナンピンのあと同値撤退で損失を消すという取引は、一度成功すると、またやりたくなる取引です。
強い中毒性があるので要注意です。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)