カブドットコムの信用手数料無料が便利

今回は本気で優待取りしたところ、メインのカブドットコムで優待がらみの現物買いポジションが6000万円近くになって、現引き余力がほぼなくなりました。
カブドットコムの場合、ゴールドプランで信用取引手数料が無料ですが、そうでなくても、前日の新規建玉6000万円で手数料無料になるので、前日に新規建玉6000万円しておくだけで、手数料無料になるので、資金の余裕がある方にはおすすめです。
前場の寄り付きで大型株に制度信用3000万円買い+制度信用3000万円売りを入れて、
買いポジポジションを現引きして、売りポジションを品渡しすれば完了です。
コスト概算6000円で、翌営業日の信用取引手数料が無料になります。
私も、ゴールドプランの適用がない時で売買をたくさんする予定がある時はこの方法を使っています。

「avexfreak氏の3つの動画をお届けするメール講座(期間限定)」

ebook250 avexfreak氏は、会社勤めをしながら株式投資を行っています。 資金管理と投資法について研究を重ねて、 優位性が高い方法をいくつか構築しました。

直近10年間の成績をご覧ください。
2003年:300万円→2000万円(+560%)
2004年:2000万円→3000万円(+50%)
2005年:3000万円→7650万円(+155%)
2006年:8000万円→9300万円(+16%)
2007年:10300万円→9450万円(-8%)
2008年:9350万円→7900万円(-15%)
2009年:7900万円→8430万円(+6%)
2010年:8430万円→9190万円(+9%)
2011年:9000万円→10500万円(+16%)
2012年:10000万円→10820万円(+8%)
2013年:10000万円→13650万円(+36%)

資産を2003年から45倍以上にしています。 中でも、avexfreak氏が9年間以上使い続け、 2,000万円以上の利益を出している手法が、 「会社四季報の先回り買い」です。

下記のメール講座ではavexfreak氏の3つの動画をメール講座とともにお届けします。
各講座ではavexfreak氏が実践する手法の中から「会社四季報の先回り買い」と 「ブレイクアウト投資法」を ご紹介いたします。

配信期間は限られていますので、今すぐお申込ください。

Comments

  1. なすび says:

    緩いところはいいですね。

    一部の証券会社(たとえばSMBC日興とかライブスター証券)ではクロス取引をやると、たとえ寄付、後場寄りの板寄せであっても仮装売買、相場操縦の警告を受け、何回かやると口座が凍結されます。

    • avexfreak says:

      なすびさんこんにちは。
      ネットの専業はそこまで厳しくないところが多いのではないでしょうか。
      もっとも、寄り付き、同株数、成行注文でないと注意が来ることはあるようです。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)