ノックイン債の不思議

四季報銘柄4を売却、9万4000円の利益。
四季報銘柄7と10を新規購入。

指数がいいところまで戻ってきたので、野村でお付き合いで買っていた仕組債(ノックイン債)を売却しました。

面白いと思ったのは、売却価格は、野村證券の言い値なのですが、担当いわく、買取価格は場中で変動しないそうです。
そうだとすると、指数が暴落している日は、その日のうちに売却すれば、暴落を織り込む前の価格で売却できて得ということになりそうです。
暴落してから暴落前の値段で売れるということになりますが、そんなことってありうるんでしょうか?
ご存じの方がいらしたらご教示下さい。

現在のポジション
四季報銘柄7 買い3000株
四季報銘柄10 買い1000株

四季報投資の確定損益 +20万7400円

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)