逆日歩取りに挑戦

株主優待の人気銘柄を運よく一般信用で確保できたら、優待を取るのもいいですが、逆日歩取りを狙うのもありかなと思って挑戦してみました。

ポジションは、制度信用買い+一般信用売りで持越しています。
収支はどうなったでしょうか。

逆日歩取りに挑戦したのは以下の2銘柄。

よみうりランド (9671) 3000株
収入
逆日歩 3.5円×3000株=10500円

支出
配当落調整損 0.375円×3000株=1125円
名義書換料 50円×3=150円
信用金利、貸株料 200円

合計 +9025円

ANAホールディングス  (9202) 5000株
収入
逆日歩 0.4円×5000株=2000円

支出
配当落調整損 0.75円×5000株=3750円
名義書換料 50円×5=250円
信用金利、貸株料 200円

合計 ▲2200円

これは想像したよりも難しいですね。
カブドットコムでは、一般信用売りの配当落調整金が100%取られるのに対して、制度信用買いでは85%しかもらえないのが痛いです。
そのため、配当×15%がコストとしてかかってきます。

600万円のポジションで、収益6825円というのは収益率0.1%。
今回の優待取りは6000万円使って30万円くらいなので収益率は0.5%。
逆日歩取りは、優待取りよりパフォーマンスが悪い結果に終わりました。
銘柄を精査したとしても、逆日歩で収益率0.5%達成するのは大変な気がします。

「avexfreak氏の3つの動画をお届けするメール講座(期間限定)」

ebook250 avexfreak氏は、会社勤めをしながら株式投資を行っています。 資金管理と投資法について研究を重ねて、 優位性が高い方法をいくつか構築しました。

直近10年間の成績をご覧ください。
2003年:300万円→2000万円(+560%)
2004年:2000万円→3000万円(+50%)
2005年:3000万円→7650万円(+155%)
2006年:8000万円→9300万円(+16%)
2007年:10300万円→9450万円(-8%)
2008年:9350万円→7900万円(-15%)
2009年:7900万円→8430万円(+6%)
2010年:8430万円→9190万円(+9%)
2011年:9000万円→10500万円(+16%)
2012年:10000万円→10820万円(+8%)
2013年:10000万円→13650万円(+36%)

資産を2003年から45倍以上にしています。 中でも、avexfreak氏が9年間以上使い続け、 2,000万円以上の利益を出している手法が、 「会社四季報の先回り買い」です。

下記のメール講座ではavexfreak氏の3つの動画をメール講座とともにお届けします。
各講座ではavexfreak氏が実践する手法の中から「会社四季報の先回り買い」と 「ブレイクアウト投資法」を ご紹介いたします。

配信期間は限られていますので、今すぐお申込ください。

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)