逆日歩取りに挑戦

株主優待の人気銘柄を運よく一般信用で確保できたら、優待を取るのもいいですが、逆日歩取りを狙うのもありかなと思って挑戦してみました。

ポジションは、制度信用買い+一般信用売りで持越しています。
収支はどうなったでしょうか。

逆日歩取りに挑戦したのは以下の2銘柄。

よみうりランド (9671) 3000株
収入
逆日歩 3.5円×3000株=10500円

支出
配当落調整損 0.375円×3000株=1125円
名義書換料 50円×3=150円
信用金利、貸株料 200円

合計 +9025円

ANAホールディングス  (9202) 5000株
収入
逆日歩 0.4円×5000株=2000円

支出
配当落調整損 0.75円×5000株=3750円
名義書換料 50円×5=250円
信用金利、貸株料 200円

合計 ▲2200円

これは想像したよりも難しいですね。
カブドットコムでは、一般信用売りの配当落調整金が100%取られるのに対して、制度信用買いでは85%しかもらえないのが痛いです。
そのため、配当×15%がコストとしてかかってきます。

600万円のポジションで、収益6825円というのは収益率0.1%。
今回の優待取りは6000万円使って30万円くらいなので収益率は0.5%。
逆日歩取りは、優待取りよりパフォーマンスが悪い結果に終わりました。
銘柄を精査したとしても、逆日歩で収益率0.5%達成するのは大変な気がします。

ふりーパパ式成長株投資法の集大成を期間限定で公開中!                          

slide1 上方修正後の株価上昇を巧みに利用した投資手法を3つの無料動画で公開中です。

【6月7日(木) 18:00 第一回動画公開スタート】
「数倍にもなる銘柄を誰よりも早く見つける方法」
1回目の映像では成長株投資法を長年実践し、これまで4億円以上稼いでいるふりーパパ氏が成長株投資法について、 数倍以上になる銘柄を誰よりも早く見つける方法についてお伝えします。

【6月11日(月) 18:00 第二回動画公開スタート】
「1年間で10倍以上に値上がりした銘柄の見極め方」
2回目の映像では成長株投資法について、ペッパーフードサービスの銘柄を事例にして、 成長株を発掘する大事なポイントを4つ紹介します。 この4つのポイントは成長株投資には欠かせません。今回の事例で実感してください。

【6月14日(木) 18:00 第三回動画公開スタート】
「儲けるための売買法とそのタイミング」
3回目の映像では成長株投資法について、ふりーパパ氏の手法を イメージしてもらうために2つの売買事例を特別に公開します。 後半では手法に重要な「ボックス売買法」と「ポイント&フィギュアチャート」 について、具体的にお伝えします。

動画を視聴できる期間は限られていますので、下記のボタンから登録して今すぐご覧ください。
今すぐ参加する

Speak Your Mind

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)